きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ベルギーvsスロバキア~守備の奮闘と、何とも言えない不憫さを感じた試合~【サッカー】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

世代交代が急務ながらもルカクやデ・ブライネ等黄金世代の輝きは健在なベルギー代表と、ドゥブラフカやシュクリニアル、ロボツカ等中盤から後ろにタレントを揃えているスロバキア代表の戦い。ベルギーとしてはいかにこの守備陣を崩せるかが勝負になりそうです。

 

ということで先日行われたEURO2024グループE第1節ベルギーvsスロバキアの感想です。

Getty Images

ハイライトはコチラ↓↓


www.youtube.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

ベルギーは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するスロバキアは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合はいきなりルカクが決定機を迎える等ベルギーが攻勢に出るも、ボックス内でドクがボールを奪われクツカにシュートを打たれると、そのこぼれ球をシュランツに押し込まれスロバキアに先制を許します。

反撃に出たいベルギーですが4-2-3-1の布陣のまま行うビルドアップでウイングが孤立、中央のアタックはデ・ブライネに頼りがちで中々ボールを前進させられません。しかし守備は機能しておりショートカウンターから決定機を作るも得点には至らず前半を終えます。

 

後半

後半ベルギーはドクとトロサールを入れ替えハーフスペースの有効活用を試みます。するとトロサールのパスからルカクがゴールを強襲すると、トロサールのクロスをオナナが折り返しルカクが押し込み同点、、、かと思われましたがオフサイドで取り消しとなります。

それでも攻勢を強めたベルギーはトロサールや途中出場のバカヨコが次々とゴールを強襲するもドゥブラフカを中心としたスロバキアの守備は崩す事が出来ず、終盤には途中出場のオペンダ折り返しからルカクがゴールを決めるも、オペンダのハンドがあったとされ二度目のゴール取り消し

そのまま試合は終了。スロバキアアップセットを起こしグループリーグ突破に大きく前進しました。

 

総評

ベルギーはまさかの初戦敗北でグループリーグ突破に暗雲が。この日動きは悪くなかったものの、数多くの決定機を逃してしまい運にも見放されたルカクにとっては本当に不憫な試合となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

しかしチームの構造上もドクの右起用、定点でのビルドアップ等サイドで縦縦になりやすい構造になるのも関わらずハーフスペースの活用はデ・ブライネに頼り切り。裏ケアが出来ず脆弱なディフェンス面の不安はあったものの、それならば徹底してクロスを送ればいいだけの話であり、少し欲張り過ぎな印象がありました。

後半からは修正したのは流石とは言えますが、その代償は高くつき敗戦。続くルーマニアも素晴らしい戦いを繰り広げていただけにかなりグループリーグ突破は厳しいものとなりそうです。

対するスロバキア粘り強い守備と構成力の高い中盤でベルギーの猛攻を凌ぎ切り見事に勝ち点3を奪取。グループリーグ突破に大きく前進しました。

特にドゥブラフカは幾度となくピンチを救い活躍。サイドバックの裏を突き続け決定機を作ったハラスリン、シュランツと共に勝利の立役者となりました。

 

守備の奮闘と、何とも言えない不憫さを感じた試合。両チームの今後の戦いぶりに注目です。

 

では

 

アディダス 2024 ベルギー代表 オフィシャルマーク付き ホーム レプリカユニフォーム 大人用 サッカー レプリカシャツ 半袖 adidas IXF08-IQ0769

 

【ネームナンバー無料】スロバキア代表 2016 アウェイ(青) プーマ