きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

オランダvsイングランド~豪華なインパクトプレーヤーの活躍で決勝に~【サッカー】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

初戦以降ややトーンダウンするものの要所要所でタレントが輝き準決勝に進出したオランダと、準々決勝までは低調な戦いぶりながら前回やっと最低限の「型」を見出したイングランド。果たしてどちらがスペインの待つ決勝に辿り着けるのか、注目です。

 

ということで先日行われたユーロ2024準決勝オランダvsイングランドの感想です。

Getty Images

ハイライトはコチラ↓↓


www.youtube.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

オランダは右ウイングにマレンを起用した守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するイングランドはグエイの出場停止が明け先発起用された守備5-2-3の3-4-3を採用していました。

試合は立ち上がりに動き、ライスからボールを奪ったシモンズがペナルティエリア手前から右足を振り抜くと、シュートは見事ゴールに突き刺さりオランダが先制します。

同点に追いつきたいイングランドはサカ、フォーデンを起点として反撃を試みると、こぼれ球に反応しシュートを放とうとしたケインをダンフリースがブロックを試みるもこの接触がファウルとされPKの判定に。それをケインがきっちり決めイングランドが同点に追いつきます。

kichitan.hatenablog.com

 

その後イングランドが攻勢をかけフォーデンがポスト直撃弾を放つも得点には至らず、対するオランダはダンフリースがフォーデンのあわやゴールとなりそうなシュートを寸前に止め巻き返し、コーナーキックからクロスバー直撃のヘディングシュートを放つ等攻守共に存在感を発揮

しかしオランダは守備が機能せずイングランドに押し込まれる展開に。それでもメンフィスの怪我によりフェールマンを投入し3センターに守備を切り替えると徐々にイングランドの自由を奪っていき、やや盛り返した展開で前半を終えます。

 

後半

後半オランダはセンターフォワードにヴェグホルストを投入、対するイングランドは左ウイングバックにショーを投入し勝ち越しを狙うも機能したのはオランダ。前半終盤の守備がよりはっきりと明確化されたおかげでイングランドの攻撃陣をシャットアウト、さらにヴェグホルストの投入で攻撃の起点が出来、セットプレーからファン・ダイクが決定機を作るもピックフォードの好セーブに阻まれ勝ち越し点には至りません。

対するイングランドはオランダの守備に苦しむも瞬間的なコンビネーションでサカがネットを揺らすもオフサイドの判定。しかしイングランドはワトキンス、パルマーを投入すると裏抜けによりイングランド攻撃が活性化し始めると、後半アディショナルタイムデ・フライを背負いボールを受けたワトキンスが反転から思い切りよく右足を振り抜くとゴールは見事ゴールに突き刺さり土壇場で勝ち越し。オランダはパワープレイを試みるも残された時間は余りにも少なくそのまま試合終了。

イングランド2大会連続の決勝進出を果たしました。

 

総評

オランダは前半途中から後半にかけて守備を修正させ機能させる等、素晴らしいリカバリーを行うもののイングランドの個に屈する形で敗北。

それでもシャビ・シモンズは個の打開で先制点を挙げる他、右ウイングでも奮闘。チーム状況によってポジションを巧みに変えバランスを整えたラインデルスと共に奮闘しました。

対するイングランドはオランダの修正により攻撃が機能不全に。裏抜けの少なさもあり完全に後半は手打ち状態になっていました。しかし現在のイングランドには豪華なインパクトプレーヤーがいて、ワトキンス、パルマーが状況を見事に打開。選手交代を的確に行ったサウスゲイト監督の決断も賞賛に値すると思います。

kichitan.hatenablog.com

 

特にワトキンスは限られた時間で結果を残し、その能力の高さを証明。決勝もベンチスタートとなりそうですがここぞという働きでチームを救う活躍を期待しています。

 

豪華なインパクトプレーヤーの活躍で決勝に進んだイングランド代表。決勝の戦いぶりにも注目です。

 

では

 

【スピード出荷】ナイキ 2024 KNVB オランダ代表 #4 ファン・ダイク ホームレプリカユニフォーム メンズ・レディース サッカーシャツ 半袖 NIKE FJ4276-819

 

イングランド代表 2024-25 レプリカ ホーム ユニフォーム FJ4285-100 サッカー 半袖 ホワイト ナイキ NIKE