きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ユーロ2024優勝候補チーム~ドイツ代表~【サッカー】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

今回はユーロ2024優勝候補チームについて書いていきます。


3回目は「ドイツ代表」です。

Getty Images

予想フォーメーション

 

①大きな代表復帰

2023年9月にドイツ代表監督に就任したナーゲルスマン監督は、マネジメント面で停滞していた状況を打開すべく新戦力の抜擢と新たなポジションでの起用を模索

ハヴァーツをウイングバックで起用する等ポジション適性を図った起用法はやや不発に終わるものの、攻守に気が利くギュンドアンをトップ下起用が嵌り結果を残していくと、グロスやミッテルシュテット等これまで隠れていた選手達を招集し、大躍進を果たしたレバークーゼンからター、アンドリッヒを抜擢する等、新陳代謝を進め調子を取り戻していきます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そして監督の要望もあってユーロ2020以降代表から退いていたクロースが代表復帰レアルマドリードで最高ともいえるシーズンを過ごした名手の復帰は、チーム力は勿論の事物足りないとされるメンタル面でも好循環をもたらしそうです。また本人はこの大会終了後の現役引退を発表しており、ラストダンスとして申し分ない舞台が整ったと言えます。

kichitan.hatenablog.com

 

②欧州最高クラスの中盤をいかに生かすか

そんな中で攻撃陣ですがクローゼやゴメスなどこれまでドイツを強者としていたストライカーが実質不在の状況。フュルクルクやバイヤーはいるもののあくまで本大会ではオプションに留まりハヴァーツをゼロトップ的に起用した起用がベースになりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

そこでカギになってくるのは2列目以降の構成。幸い前述したギュンドアンを始めムシアラ、ヴィルツ、サネ、ミュラー、ウンダブ等タレントは揃っており、クロースを始めグロス、パヴロビッチ、キミッヒ等チャンスメイクにも事欠かない状況

kichitan.hatenablog.com

 

ナーゲルスマン監督もしっかり後ろからビルドアップを整備出来る監督なので、決定機不足に陥る事は無さそうです。

ただ得点を挙げられるかは別の話で、結局はセンターフォワードの決定力に懸かってきそうな気はします。

 

③大躍進のチームを支えた屋台骨の活躍がカギに

反面守備は近年代表のアキレス腱と化しており、カウンターからゴールを沈められることが頻発していました。世界最高峰のフィジカル能力を持つリュディガーはいるものの彼はピッチ上でリーダーになれるタイプでは無く、周りに指示を与えられるセンターバックの登場が待ち望まれていました。

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中期待したいのはレバークーゼンのター。クラブでは3バックの中央で見事な統率を見せ、大躍進のチームを支える屋台骨に。彼がディフェンスリーダーとしてしっかり統率していけるかが大きなカギとなってくるでしょう。

そして衰えが指摘されるノイアーも、ナーゲルスマン監督に変える意思が見られない今本大会までにどこまでトップフォームに戻せるか注目です。

kichitan.hatenablog.com

 

元々地力はあるものの近年の失態もあり、正直優勝候補と言われれば疑問符が付くドイツ代表。それでも自国開催の恩恵を受け若き指揮官の下躍進を遂げられるのか、期待しています。

 

では

 

アディダス adidas ドイツ代表 24 ホームユニフォーム サッカー レプリカウェア 24SS(GZM95-IP8139)

 

【ポイント5倍】ドイツ代表 2024 アウェイ 半袖レプリカユニフォーム 【adidas|アディダス】ナショナルチームレプリカウェアーgzn11-ip8158