きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アタランタvsユベントス~ウノゼロの試合運びが見事に機能し優勝~【サッカー】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

過去4度決勝進出しながらも勝ち取れず5度目の挑戦となるアタランタと、セリエA最多の15度目の優勝を狙うユベントスの戦い。2020-2021シーズンと同様のカードでこの時にはユベントスの勝利。アタランタがリベンジを果たせるか、注目です。

 

ということで先日行われたアタランタvsユベントスの感想です。

Getty Images

ハイライトはコチラ↓↓


www.youtube.com

 

両チームのスタメン&結果

 

前半

アタランタマンマークを主体とした守備5-2-3の3-4-3、対するユベントスは守備5-3-2の3-5-2を採用していました。

試合はいきなり動くこととなり、カンビアーゾのスルーパスから抜け出したヴラホビッチがGKの1対1を制してユベントスが先制します。

kichitan.hatenablog.com

 

その後アタランタが攻勢に出で押し込むもデ・ケテラーレ、ルックマンが頻繁にサイドに流れる為起点になり切れず、さらに足元に頻繁にボールを呼び込むため中々ユベントス守備ブロックを崩しきれないまま前半を終えます。

 

後半

後半アタランタ攻撃に奥行きをもたらす事が出来るトゥーレを投入し、攻勢に出ていくも中々得点には至りません。またユベントスロングカウンターで対抗し、カンビアーゾのクロスをヴラホビッチが再び決めるも僅かにオフサイドの判定。

追加点を奪えずにいると、ルックマン、ミレッティのシュートが互いにゴール枠に嫌われるもそのままスコアは動かず試合終了。

ユベントス15度目のコッパイタリア制覇を果たしました。

 

総評

アタランタは悲願の優勝は成らず5度目の挑戦を終えました。痛かったのは前半でサイドに流れる等中々デ・ケテラーレが起点になり切れず、攻め手を失いながら時間を過ごすことに。後半は修正するもユベントス粘り強い守備に屈する事となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

それでもエデルソンとパシャリッチのダブルボランチユベントスのカウンターの防波堤となる強固なフィルターを形成。この悔しさはヨーロッパリーグ決勝で晴らしていきたい所です。

一方ユベントスは得意のロングカウンターと粘り強いブロック守備でセリエA最多の15度目の優勝を達成。

開始早々に得意な展開に持ち込んだのは非常に大きかったと思います。

特にブレ―メルは身体能力を生かした粘り強い守備で防波堤となり、幾度もピンチを救う活躍。またカンビアーゾもアシストだけではなく攻撃の起点となり、激しいアップダウンで守備でも貢献しました。

 

ウノゼロの試合運びが見事に機能し優勝を果たしたユベントス。試合終了間際に退場したアッレグリ監督のジャケット脱ぎとネクタイ投げも華麗に決まり、違う意味でも印象深い試合となりました。

 

では

 

【SALE】【国内未発売】アタランタ カジュアルポロシャツ ブラック【19-20/セリエA/Atalanta/サッカー/トレーニング/polo】330

 

EWQ70-HR8256-M アディダス ユベントス ホーム レプリカユニフォーム(ブラック/ホワイト・サイズ:M) adidas メンズ