きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

WBC2023 日本vsメキシコ~村神様~【WBC】

今回はWBC準決勝、日本vsメキシコについて書いていきたいと思います。

 

日本 6x-5 メキシコ

 

①チャンスを生かせず

先発は佐々木投手。注目の立ち上がりは2つの三振を奪う素晴らしい立ち上がりを見せるも、メキシコ先発サンドバル投手も初回を三者三振で始める等、好投を見せ試合は投手戦になります。

すると4回2アウト1,2塁のピンチを背負うと、ウリアス選手に本塁打を浴び3点を先制します。

追いつきたい日本ですが、その裏には2アウト1,3塁のチャンスも村上選手が見逃しの三振を喫する等チャンスを生かせず前半戦を終えます。

 

②起死回生の3ラン

その後も5回には岡本選手のホームラン性の当たりをアロサレーナ選手にスーパーキャッチされ、さらに2アウト満塁のチャンスも近藤選手がレフトフライに倒れ得点を挙げられずにいます。

そして6回も2アウト満塁のチャンスを作るも源田選手がレフトフライに倒れ、チャンスは作るものの中々もどかしい時間だけが過ぎていきます。

しかし7回には甲斐選手と源田選手の盗塁阻止がチャレンジの末アウトになると、その裏近藤、大谷選手が塁に出て2アウト1,2塁から起死回生の3ランを放ち試合を振出しに戻します。

ただ8回2番手山本投手が 1アウト2塁のピンチを迎えると、ベルドゥーゴ選手にタイムリーツーベースを打たれ再び勝ち越しを許すと、2アウト2,3塁のピンチを再び作れパレデス選手にタイムリーを許し、2点差で8回9回を迎えます。

 

③劇的な逆転サヨナラ勝ち

それでも8回死球とヒットで1アウト2,3塁のチャンスを作ると山川選手がレフトに犠牲フライを挙げ1点を返すと、9回は巨人バッテリーで見事抑えます。

そして運命の9回裏、先頭の大谷選手が初球を捉えヘルメットを脱げ捨てながらもツーベースを放ちチームを鼓舞すると、続く吉田選手も四球を選びノーアウト1,2塁の大チャンスで迎えたのはこれまで3三振ノーヒットに終わっていた村上選手。

しかし悩める主砲が放った一発はセンターへ抜ける2点タームリーツーベースとなり、見事な逆転サヨナラ勝ち

日本が劇的な形アメリカの待つ決勝進出を決めました。

 

総評

正直終わってからの暫くは興奮が冷めなかった1戦。しかもその試合を決めたのはイタリア戦では一本が出たもののこの試合も苦しんでいた村上選手、、、。正直涙が止まりませんでした。

kichitan.hatenablog.com

 

またそれまでの大谷選手の激走ツーベースや吉田選手の一発、そして何とか踏ん張った投手陣の活躍も特筆すべきで、正にチームで繋いでもぎ取った勝利と言えます。

 

これでチームは3大会ぶりの決勝進出で、相手は前回大会で辛酸を舐めた開催国アメリカ。メジャーリーグのスター選手が数多く所属しており準決勝ではキューバを粉砕した強大な相手ですが、最後の1球まで侍ジャパンを応援していきたいと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

【新品・土日祝も当日発送】大谷翔平 2023WBC選手名入りレプリカユニフォーム (ホーム)JFサイズ ジュニアフリーサイズ 刺繍 背番号16 数量限定 2023WBC ダブルビーシー 2023年WBC 2023年WBC プリントユニフォーム ミズノ社製正規品 送料無料 日本代表 OHTANI

 

MIZUNO / ミズノ2023 WORLD BASEBALL CLASSIC日本代表 侍ジャパン プリントユニフォーム サイズF(フリー)大人 (ホーム)11 ダルビッシュ有国内正規品 新古品【中古】