きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsリヴァプール~大きな勢いをもたらす初勝利~【サッカー】

共に未勝利とスタートダッシュに失敗した2チームの対決。この試合に勝利し勢いに乗りたい所です。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsリヴァプールの感想です。

Getty Images

両チームのスタメン&結果

 

前半

ユナイテッドは守備4-4-1-1の4-2-3-1、対するリヴァプールは4-3-3を採用していました。

試合はユナイテッドがハイプレスを掛けてビルドアップを阻害。奪ったボールをサイドバック裏に即座に展開する狙いが見事に的中。特にエランガはアーノルド、ゴメスの右サイドの裏を何度も突き、ポスト直撃のシュートを放つなど躍動します。

するとそのエランガの折り返しからサンチョが見事なフェイントを入れた技ありのシュートが決まりユナイテッドが先制。

kichitan.hatenablog.com

 

追いかけたいリヴァプールですが、中盤がボールを巡回できず悉くパスが引っ掛かりカウンターを許す悪循環に。ルイス・ディアスの個の突破が目立つぐらいで決定機は作れず前半を終えます。

 

後半

ユナイテッドはエランガに代えマルシャルを投入。試合はリヴァプールがより攻勢を強める形になりますがやはりボールは効果的に運べず、逆にショートカウンターからラッシュフォードに追加点を奪われリードを離されます。

kichitan.hatenablog.com

 

リヴァプールファビーニョ、ファビオ・カルバーリョを投入し打開を試みますがユナイテッドはヴァラン、リサンドロ・マルティネスの両センターバックの素晴らしい守備やデヘアのセーブもあり得点を許さずにいると、コーナーからサラーが詰めた失点に留めてそのまま試合終了。テン・ハーグ監督は就任後リーグ戦初勝利を挙げました。

 

総評

ユナイテッドは一旦ポゼッションは捨て現実路線にして、ハイプレスからのショートカウンターに切り替えました。正直完成度はまだまだながら(前線はまだまだアリバイ感はありました。)リヴァプールが悉く嵌ってくれたおかげで効果的なカウンターを繰り出すことが出来勝利。しかし何より勝利が欲しかった試合で、しかも相手は近年勝てていなかったリヴァプール、チームはこれから勢いに乗ってくるでしょう。

この試合で輝いたのはサンチョとリサンドロ・マルティネス。前者は見事なフェイントからゴールを決め、さらに守備でも対峙するロバートソンに自由を与えず素晴らしいパフォーマンスを見せました。また後者は機動力とタイトなマークでサラーを封殺、特に寸前でのクリアを何度も見せており、メンタル面でもチームを支えました。

対するリヴァプールは弱点が露呈、そして反発力にもの足りなさを感じた試合でした。

失点はアーノルドの裏を悉く突かれたもので、さらにそれをカバー出来るマティプは怪我で不在。ある程度やられることは想定されてはいたもののファン・ダイクにはいつものスーパーさは無く、ハイラインの弱点だけが露呈される形になりました。

さらにビルドアップ面でもミスを連発。守備の不安さからか縦パスを送れず、さらにチアゴのような理不尽さも無い為プレスの餌食に。そしてそのような展開でも強烈なプレス前に運びそして決めてしまうマネもいない。怪我人が多いのは不運なところですが、確実にチームの戦い方を考える時期は来ています。

 

兎にも角にも強豪相手に勝利を収めたユナイテッド。新加入カゼミーロも出場するであろう次節に向けてメンタル面で大きな勢いをもたらす初勝利となり、今後も楽しみです。

 

では

 

アディダス マンチェスターユナイテッドFC ホーム レプリカユニフォーム Y BN782-GR3778 ジュニア

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) リバプール Y.N.W.A. ヴィンテージ Tシャツ(ブラック)【サッカー サポーター グッズ Tシャツ】【店頭受取対応商品】