きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System ~各キャラの個性を確かなものに~【PSYCHO-PASS サイコパス】

※ネタバレ有り

 

今回はアニメ劇場版  PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System について書いていきます。 

 

①短編3部作

今作は短編3部作として放映された作品です。

いずれも本編に大きく関連はしないものの、PSYCHO-PASS サイコパスの世界観を改めて感じる1作目「罪と罰」。過去キャラクターを再登場させて懐かしさを感じさせる「First Guardian」。そしてこれからの展開を面白くさせる「恩讐の彼方に__」とそれぞれ楽しみ方が変わっているのも魅力的で、やや作品から離れていた人の復習としても使える作品です。

またそれぞれ正直見る必要は薄く(ただ3作目は見ることを推奨します。)、いきなり3を見ても大きな混乱はしないので(一番の謎は3が終わってなお明らかにされていません。)、ある意味ファンデスク的な位置で捉えるのが正しいのかも知れません。

 

②各キャラの個性を確かなものに

またこれまで中々描きにくかった各キャラの個性を確かなものにしています。

1作目は監視官霜月美佳と執行官となった宜野座伸元、2作目は国防軍所属時代の須郷徹平と執行官征陸智己、3作目は劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス後の狡噛慎也が主軸となっており、それぞれの個性や心情の変化が詳しく描かれています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

特にやや描写不足や作中での不遇が目立っていた霜月美佳と須郷徹平がフォーカスされているのが大きく、彼らを気になっている人は是非見ることをお勧めします。

また過去の話である2作目では今は亡き征陸智己や刑事課二係監視官青柳瑠彩も登場しており、彼らがどのように事件と向き合っているかが分かります。

特に青柳は宜野座や狡噛の同期であるという重要な属性を持ちながらも物語から不遇な退場をしてしまったので、余計にその描写が嬉しいです。

 

③そして3へ

この3部作の後に大きくメンバーが変更され、そして新たな敵を迎えるPSYCHO-PASS サイコパスに繋がっていきます。

前述したように第3作以外は見なくてもほとんどが理解出来ますが、

・より深く登場人物を知ることが出来る(特に霜月と須郷)

現代社会にも通じる問題を上手く描写されている(1作目は放射性物質の処理とその危険性、2作目は国防と軍事ドローン問題、3作目は戦争の民営化とマッチポンプ

等、色々考えさせられる内容となっており、是非時間があれば見て欲しい作品となっています。

 

では

 

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 上 (マッグガーデン・ノベルズ) [ 吉上亮・茗荷屋甚六 ]

 

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System 下 (マッグガーデン・ノベルズ) [ 吉上亮・茗荷屋甚六 ]