きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2026年W杯アジア枠拡大~出場しやすいものの本選では勝ちにくい~【サッカー】

今回は2026年W杯のアジア枠拡大についてのメリット、デメリットについて書いていきます。

アジアサッカー連盟AFC)は8月1日にアメリカ、カナダ、メキシコで共同開催される2026年W杯のアジア枠が従来の「4.5」から「8.5」へ大幅に増えると正式に発表。出場国が「32」から「48」に増えるW杯において大きな恩恵を受けることとなりました。

今回は日本の観点でメリット、デメリットを上げていきたいと思います。

 

①W杯本選に出場しやすくなる

その決定のメリットは単純にW杯本選に出場しやすくなることです。現状日本はアジアのトップレベルにおり、今大会でも苦戦しつつも出場権を手にしました。

次大会からはさらに枠が広がることにより、より最高峰の大会に参加しやすくなることで、最悪のケースである予選敗退のリスクは限りなく低くなったと言えるでしょう。

その為興行面で代表人気が落ちる可能性は低くなったと言え(競技面では問題大ありですが、、、)、安心感は増したと言えるでしょう。(敗退の確率がゼロでは無い事は強調したいです)

kichitan.hatenablog.com

 

②予選の緊張感と更に遠くなるベスト8

ただデメリットは予選の緊張感は薄くなったことです。2026年の最終予選のフォーマットは6チームずつ3グループに分けて行われるもので、これまでの6チームずつ2グループと比べて強豪国(現状ではイラン、韓国、カタールサウジアラビア、オーストラリア)2つと同居する可能性は低くなり、レベルの差から緊張感が無くなる可能性は高いと思われます。(この積み重ねは欧州予選や南米予選の厳しさを考えると、チーム力の低下に大きく影響すると思われます。)

また本選でも3チームで構成されるグループリーグで構成。さらに決勝トーナメントも32チームで行われる事となり、日本にとっては強豪国と当たる可能性はより高くなり、目標であるベスト8はこのままのJFAの方針でいくと更に遠くなる可能性は高いです。

 

FIFAの拝金主義

今回の決定はより多くの国の参加が可能になった(過去日本も1998年のフランスW杯で出場国拡大の恩恵を授かったチームです。)ことでこれまでW杯と縁が無かったチームの出場も容易になっています。(2年に1回開催案もまだ残っています。)

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

しかし反面レベルの低下が危惧されており、特に全体的にFIFAランクが低いにも関わらず4枠増えたアジア枠の増加には中国、インドという経済大国を取り込もうとするFIFAの拝金主義が見て取れます。その為3チームで構成されるグループリーグは形骸的になりそうで、アジア枠のチームは草刈り場となる可能性は高いです。(ただアジアのサッカーレベル自体は時間はかかるものの上がっていきそうです。)

 

出場しやすいものの本選では勝ちにくい。日本代表にとっては2026年W杯はこのような位置付けとなりそうです。これが吉となるか凶となるかは正直大会が始まってみないと分からないですが、今後もUEFAFIFA既得権益の奪い合いも含めて注目していきたい所です。

 

では

 

最大10%引クーポン アディダス サッカーボール アル・リフラ リーグ 4号球 金色 2022 FIFAワールドカップ 公式試合球レプリカモデル AF454GO 2022年NEWモデル

 

最大10%引クーポン アディダス サッカーボール アル・リフラ コンペティション キッズ 4号球 黄色 2022 FIFAワールドカップ 公式試合球レプリカモデル AF451Y 2022年NEWモデル