きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

再評価される監督 ビジャレアル エメリ監督~チャンピオンズリーグでの躍進~【サッカー】

今回は再評価される監督について書いていきます。

 

第1回目は「ビジャレアル エメリ監督」です。

Getty Images

経歴(~パリまで)

エメリ監督は2006-2007シーズンアルメニアをクラブ史上初の1部昇格に導くと、翌シーズンチームを8位に付けさせる見事な采配を披露。すると2008-2009シーズンからバレンシアの監督に就任。深刻な財政難に悩まされていたチームで6位フィニッシュするも、ビジャ、ダビド・シルバ、マタ等主力を売却せざるを得ない状況で翌シーズンから3シーズン連続でチームをチャンピオンズリーグ出場権に導きます。

kichitan.hatenablog.com

 

その後スパルタク・モスクワでは短命政権に終わるものの、2013年1月に就任したセビージャでは持ち前の準備力が光りヨーロッパリーグ3連覇を果たし、評価が爆上がりします。そして2016年、満を持して初のビッグクラブであるフランス、パリサンジェルマンの指揮を執ることになります。

 

①ビッグクラブでの失敗

しかしパリでは初年度から苦労します。

戦術に選手を当てはめ尚且つ守備を第一にするスタイルはスター選手達の不評を買い、ある程度自由を与えて解消はさせるもリーグ戦ではモナコに後塵を拝し2位で優勝を逃すと、チャンピオンリーグでは決勝トーナメント1回戦バルセロナ戦1stレグで見事戦略が嵌り枠内シュート1で4-0の完勝を挙げるも、2ndレグではその守備マインドが災いし1-6でまさかの大逆転負けを喫します(カンプ・ノウの奇跡2017)。

そして翌シーズンは国内3冠を果たすもチャンピオンリーグではベスト16で敗退。更にネイマールやエンバぺ等スター選手のマネジメントにも疑問符が付きこのシーズンで退任。レジェンドヴェンゲル監督が退任したアーセナルイングランド)の監督に就任します。

アーセナル初年度となった2018-2019シーズンでは当初は好調だったものの失速、さらに格下相手の取りこぼしも目立つことになり、5位に。更に得意であったヨーロッパリーグでもチェルシーに大敗(1-4)しやや期待外れのシーズンになります。そして再起を望んだ翌シーズンは補強方針で初納人と対立、さらにコミュニケーション能力の不足も災いし一部選手達(特にエジル)との軋轢も発生、結果2019年11月に解任されることになりました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

資金や戦力の限られたクラブではその巧みな戦略や守備戦術で大きな成果を上げるものの、ビッグクラブでは豊富な戦力の生かし方や選手のマネジメント面に問題を抱える監督。エメリ監督はそんな評価を受けつつも2020年に母国のクラブ、ビジャレアルの監督に就任することになります。

 

チャンピオンズリーグでの躍進

すると就任1年目から得意のヨーロッパリーグで躍進。ジェラール・モレノ、パウ・トーレスアルビオル、パレホなどタレントにも恵まれ、初の決勝に進出。決勝ではマンチェスターユナイテッド相手にエメリ監督の狡猾な準備が見事にハマり勝利。クラブ初のビッグタイトルをもたらす快挙を成し遂げました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

そしてヨーロッパリーグ王者として臨んだチャンピオンリーグではユナイテッド、アタランタと同居するグループに組み込まれるも、アタランタに競り勝ちグループリーグ突破。

kichitan.hatenablog.com

 

決勝トーナメントではユベントスを見事に封じ込め快勝すると、準々決勝ではドイツ王バイエルンを1stではパレホを軸とした効果的なカウンターで押し込み、2ndレグでは巧みな守備戦術で耐え、ワンチャンスをモノにして見事な勝利。昨シーズンを上回る大躍進を果たし、エメリ監督もヨーロッパリーグのみではない事を証明。今シーズンのダークホース的存在として欧州中から注目されています。

kichitan.hatenablog.com

 

③中堅クラブ躍進のエキスパートに

ただ今後再びビッグクラブを率いて成功するかと言えばそうは思いません。まず長丁場であるリーグ戦では自身の悪さが出やすく、引かれた時に何も出来ずに勝ち切れない試合が増え、パッとしない順位に終わる事が多いです。

特にアーセナルでは豊富な前線のタレントを全く生かしきれず、相手によって布陣を変える方法が消極的過ぎるとされ大いに批判されました。さらに順位も4チームが譲り合う展開(勝ち点を落とし続ける)中最終的に5位と結果を残せず、現在のビジャレアルでもヨーロッパカップ戦出場権は難しい状況(7位)にある等、ビッグクラブで必要なボールを保持した時の攻撃の構築を苦手としています。

またコミュニケーション不足を指摘されたり、過去自身が望んで獲った選手を全く使わない(クリホヴィアクや久保)等マネジメント面にも問題を残しており、フロントやスター選手のマネジメントが重要になってくるビッグクラブよりも、自身の戦術・戦略を反映しやすい中堅クラブを躍進させるエキスパートになった方が自身の良さは十分に発揮されると思います。

kichitan.hatenablog.com

 

一貫したチーム強化に定評があるビジャレアル戦術という欧州で戦える武器を与えたエメリ監督。準決勝の相手は強豪リヴァプール、どのような戦いを繰り広げていくのか楽しみです。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

【予約RET05】【国内未発売】RE-TAKE ヴィジャレアル Establishシリーズ Tシャツ【サッカー/スペインリーグ/Villareal】ネコポス対応可能

 

ビジャレアル スカーフ マフラー VILLAR020( サッカー 久保建英 グッズ ビジャレアル 久保 久保くん 久保建英 前所属 プレゼント )