きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターシティvsリヴァプール~お互いの熱量がぶつかる凄まじい試合~【サッカー】

首位決戦となる大一番。熱く激しいデュエル、そして監督の戦術合戦。世界最高峰の戦い期待されます。

 

ということで先日行われたマンチェスターシティvsリヴァプールの感想です。

f:id:kichitan:20220411144210j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220411144954p:plain

 

前半

シティはスターリングを中央に配置した守備4-4-2の4-3-3、対するリヴァプールは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合は激しいプレスの掛け合いとなりますが、両チームとも普段と違う一面を見せていました。シティはウォーカー、カンセロをサイドに張らせると、リヴァプールインサイドハーフが迎撃守備を行う4-1-4-1の守備を行っていました。

そして試合はいきなり動きます。中央でデ・ブライネがボールを持ち込み放ったシュートがマティプに当たりそのままゴールイン。シティがいきなり先制点を挙げるも、リヴァプールもロバートソンのクロスをアーノルドが折り返すとジョタがゴールに押し込みすぐさま同点に追いつきます。

kichitan.hatenablog.com

 

それでもシティは高いリヴァプールサイドバック裏を悉く突き、特に左のフォーデン、カンセロはアーノルドだけではなくサラーも引き連れてリヴァプールの攻撃力を半減させると、コーナーキックのこぼれ球からのクロスに大外から飛び出したジェズスが決めて突き放します。その後もシティはロドリが落ちてボール回しを円滑にして上手くゲームをコントロールリヴァプールの良さを消して前半を終えます。

 

後半

後半開始直後同サイド圧縮が遅れたシティのプレスを利用し、サラーのパスからマネが飛び出しゴールを決めいきなり同点に追いつくと、その勢いそのままにプレス強度を高め最終ラインもやや低めにして構えることによって試合を徐々に支配していきます。

kichitan.hatenablog.com

 

そしてルイス・ディアスを投入し反撃の狼煙を挙げるとシティもマフレズを投入し打開を試みます。試合はさらに熱量を増し、激しい切り替えの応酬が後半半ばになっても激しいままで過ぎていくと、ロスタイムにマフレズにフリーキックと決定機が訪れるもボールは無情にも枠外に外れ、そのまま試合終了。引き分けではあれどもグアルディオラ監督とクロップ監督が試合終了後、豪快にハイタッチを見せる程のお互いの熱量がぶつかる凄まじい試合でした。

 

総評

今年はまだ4ヶ月しか経っていませんが、早くもベストゲームとも言える試合でした。個のぶつかり合いは勿論の事、戦術、戦略面でも見どころが多く、90分全てを楽しめる内容となっています。

特に輝いていたのはシティではやはりデ・ブライネ、先制点だけではなくその後もチャンスメイクやフィニッシュで圧倒的な存在感を発揮。その凄みは他選手と一線を画していました。またベルナルド・シウバとラポルトも活躍しており、前者は攻守のリンク役、そしてチャンスメイクと複数の役割を強度高いレベルで卒なく行い裏のMVPとも言える活躍。後者は守備では決定機を止めるブロック、そして攻撃では高精度のロングフィードと申し分ない働きを見せました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

対するリヴァプールはやはりファン・ダイク。前半にはミスが散見されましたが徐々に持ち直し圧倒的な存在感を発揮。特に1体1で抜群の強さを持つスターリングのカウンターを難なく止めた守備は流石とも言えました。そしてパートナーのマティプも終盤で好守を連発する等素晴らしい働きを披露。このセンターバックコンビを正面からの突破を避けたシティの選択は正しかったと言えます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

前回対戦同様素晴らしい試合を見せた2チーム。これからもヨーロッパサッカーを率先する存在となってくれそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

では

 

『ポイント10倍』【公式】PUMA プーマ メンズ レディース ウエストバッグ サッカー 【マンチェスター シティー MCFC フットボール コア ウエストバッグ 5L】

 

★SALE★セール★RE-TAKE(リテイク) Never Give Up リバプール Tシャツ(ブラック)【サッカー サポーター グッズ Tシャツ】【店頭受取対応商品】