きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ベルガルド・ゼーマン~師父(せんせい)~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有


今回は軌跡シリーズの主要キャラである「ベルガルド・ゼーマン」について書いていきたいと思います。

Falcom

①師父(せんせい)

壮年ながらも筋骨たくましい体つきをしている、立派な髭を蓄えた隻眼の男性です。その風貌からどうしても「待たせたな。」の人物を連想してしまいます。

東方三大拳法の一つである「崑崙流」を修めた武芸百般の達人で、各地に教え子を持ちヴァンもその一人です。

kichitan.hatenablog.com

 

かつては仕事でゼムリア大陸各地を飛び回っていたらしいですが、帝国と共和国の国境であるノルド高原で起きた紛争に付随した事件に巻き込まれて命を落としたとされていましたが生還しており、パーティーに加入後は良き相談役、そして冷静な参謀役としてヴァン達を見守っています。

またバイクや音楽(ジュークボックスを部屋に置く)などを楽しむ等趣味も多く、チェスは「モンマルト」の店主であるビクトルと仲間になっており、よく対局しています。

 

②「守護騎士」第八位

その正体は星杯騎士団「守護騎士」第八位「吼天獅子」グンター・バルクホルンで、数々の活躍ぶりから裏の世界では知らないものはいないと言われる程の人物です。因みにジンやロックスミス元大統領とは知り合いで、「破戒」エルロイとは戦闘経験あり、シズナやツァオ、ジェラールからも認識されており、彼の顔の広さが伺えます。

kichitan.hatenablog.com

 

過去にノーザンブリアで起こった「塩の杭」事件で数々の人命救助を行う等数々の功績を挙げており、同じ騎士の間でも尊敬する人物でしたが、ノルド高原で3年前に起きた帝国と共和国の国境紛争で弟子であるガイウスを庇い重傷を負ってしまい、その際に守護騎士の証である「聖痕」を彼に渡したことで力を失い、守護騎士を引退します。

kichitan.hatenablog.com

 

その後はバイクを手に入れてゼムリア大陸各地を周っていましたが「クレイユ村壊滅事件」が起こったことにより、ヴァン達と合流。自身を「切り札」とすべく、「謝肉祭」に参加することになります。

「・・・目を背けても、背ききれぬものはある。」

そして一連の事件が終わった際はガイウスや他の聖杯騎士と再会。雑談している姿が確認できます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

③パワーファイター

戦闘では手甲を使い、高い物理攻撃、物理防御で前線を張れるガチガチのパワーファイターです。反面アーツ系は苦手なようで、特に魔法防御が低い為魔法を多用する敵には脆さを見せます。

クラフトも遅延を与える「タイタスハンマー」物理・魔法防御低下の「獅子王靠」と威力があるものから、威力は低いものの強化・駆動解除&奮迅(HPが高いほど与えるダメージがアップ)効果がある「ハウリングブースト」と便利なものが揃っています。

特にハウリングブーストは威力は期待出来ないものの、相手を弱体化&自身を強化する便利なもので、特に強化技を多用するボス戦ではかなり役に立ってくれます。

 

基本どこにいるか分からない&基礎能力が高く人間的にも成熟している為「Ⅱ」でも使える期間は短そうですが、本当に困った時に「私は帰ってきた!」と言いながら助けてくれそうですね。

 

では

 

【中古】英雄伝説 黎の軌跡ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

英雄伝説 黎の軌跡 公式ビジュアルコレクション [ 電撃ゲーム書籍編集部 ]