きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

日本vsベトナム~予想以上の機能不全~【サッカー】

サブ組中心で構成されるベトナム戦。普段のメンバーでどこまで機能するか注目です。

 

ということで先日行われた日本vsベトナムの感想です。

f:id:kichitan:20220330115555j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

日本の布陣&結果はコチラ

f:id:kichitan:20220330121748p:plain

 

前半

日本は守備4-1-4-1の4-3-3、対するベトナムは守備5-4-1からのカウンターを狙っていました。試合はベトナムが意外にも機を見たハイプレスをかけ日本のビルドアップを阻害を試みており、日本は中々ボールを巡回させることが出来ません。また前線の守備の連動性が皆無なので、ラインは間延びがちで中盤のプレスは個で剥がされることに。

それでもボールを保持し押し込んでいこうとしますが、右サイドは全員が上がっており(原口はライン間、久保山根は高い位置)機能不全に。そして左はバランスは取れており(特に中山のポジショニングは素晴らしかったです。)三笘の突破に活路を見出すものの適切な揺さぶりが出来ないので守備を固められ打開するには至らず、逆にCKから得点を奪われビハインドを奪われます。

そのまま終始機能不全のまま前半を終えます。

 

後半

後半日本は同点にすべく旗手に代わり伊東を投入。久保をトップ下にした4-2-3-1に変更します。その試みは久保の良さを出し、伊東とのコンビネーションから次々とチャンスを作っていきます。すると原口のシュートのこぼれ球にストライカーばりのオフザボールを見せた吉田が詰めて同点に。更に南野、守田、田中を投入し逆転を狙っていきます。するとダブルボランチのポジショニングの良さ、そしてベトナムの守り疲れもあったのがボールは円滑に回っていきます。それでもサイドの突破が欲しい三笘、伊東が中に入りサイドバックが高い位置に入る歪な形が出来上がり、南野のハンド、上田のオフサイドによるゴール取り消しもありそのままタイムアップ。

ホームの最終戦を引分で終わる形となりました。

 

総評

「選手層が薄い。」この試合でそう断言されるには選手達が可哀そうなぐらいの「土台」の無さでした。元々デザインされていないビルドアップ、前線の守備に併せて前述したように今回はサイドのトライアングルにも問題があり、これまでいかに田中、守田の判断に頼り切ったことがわかりました。

kichitan.hatenablog.com

 

特に原口はトランジションに特長のある選手ですが今回は不得手なサイドのバランサーを務めることに。ほぼぶっつけ本番でアンカーを行いキック精度は流石ながら、ポジショニングに終始戸惑っていた柴崎と共に勿体ない出来に。

kichitan.hatenablog.com

 

さらに結果が欲しいのか個々がバラバラの動きになりチームは立て直せない状況で終了。戦略、戦術も無く土台すらも無い状況、どうやって強豪と戦うのでしょうか大いに疑問です。

ただ収穫もあり、中山はバランサーとして機能し三笘、旗手を上手くサポート。素晴らしい働きを見せました。そして守田は自身が希望したアンカーのポジションで抜群の動きを披露。チームに無くてはならない存在であることを証明していました。

また後半の久保トップ下も機能、南野の存在もあるのでオプションとして持っていたい所です。

 

結局は個の質に頼るしかない日本代表。特に3センターは怪我や不調であると総崩れしかねないのでそうならない事を願っています。そうせざるを得ないのが悲しい所ですが、、、。

 

では

 

サッカー日本代表 突破記念ユニフォーム ホーム レプリカ ユニフォーム 半袖 gem11-ed7350 【adidas|アディダス】サッカー日本代表レプリカウェアーgb8047

 

最大10%OFFクーポン アディダス サッカーボール FIFA2021 リーグ JFA5号球 検定球 公式試合レプリカ別色モデル 手縫い スカイコラージュ 日本代表 オフィシャルライセンスグッズ AF536JP