きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

呪術廻戦 始まりー呪胎戴天編~宿儺の指~【呪術廻戦】

※ネタばれ有

 

今回は呪術廻戦のストーリーについて書いていきたいと思います。

 

アニメを中心としています。まずは「始まりー呪胎戴天編」です。

f:id:kichitan:20220226223639j:plain

芥見下々/ 集英社/呪術廻戦製作委員会/ imdb.com

①宿儺の指

初めの舞台は宮城県仙台市。人間離れした身体能力を持つ高校生の虎杖悠仁は育ててくれた祖父が逝去した夜、学校に眠る「呪物」の封印が解けてしまい「呪霊」が現れてしまいます。

捕らえられた先輩を救う為、呪物回収の為に表れた伏黒恵と共に学校へ侵入する虎杖達ですが、呪霊の力は強く窮地に陥ることになります。そこで虎杖が取ったの行動は、力を得るために特級呪物である「宿儺の指」を食べる事でした。力を得た両面宿儺は呪霊を一瞬で消し体を得て歓喜しますが、虎杖の意思の強さ、そして最強「五条悟」の登場で事態は解決。

「大丈夫。僕、最強だから。」

しかし捕らえられた先で虎杖が宣告されたのは「死刑」。ただ五条悟の提案で「すべての宿儺の指を食してから死ぬ」という猶予を与えられ、都立呪術高専に入学。呪術師として生きることとなりました。

1話冒頭からの演出、そして五条悟の強さ、いきなり見所盛り沢山の始まりでした。

kichitan.hatenablog.com

 

②特級呪霊

都立呪術高専に入学した虎杖は「3人目の新入生」を迎えることに。上京し自らモデルのスカウトに半ば強制的に売り込みをかける釘崎野薔薇を迎え「東京観光」に向かうも、たどり着いたのは廃ビル。釘崎の力と過去を紹介する形で呪霊を退治します。

「私が私であるためだもの」

その後派遣されたのは西東京市の少年院。五条抜きで挑んだ呪霊退治は思わぬ事態に襲われます。伊地知さん曰く「クラスター弾での絨毯爆弾でトントン」の強さを誇る「特級術師」の登場。釘崎は異空間へ引き込まれ、伏黒は式神を失い、そして虎杖は左手首を、、、絶体絶命に追い込まれた虎杖は両面宿儺に助けを求めますが、、、。

「断る。お前の中の俺が終えようと切り分けた魂はまだ18もある。」

この話の前は「内1名死亡」と明記されており不安を煽るなど、始まりからの演出が憎い所です。

 

③主人公の死

「お前、顔、覚えたからな」

釘崎は正に呪霊に飲み込まれようとしていましたが、助けたのは伏黒の蝦蟇(がま)。結果的に飲まれて着ぐるみを着たような形になります。

その頃虎杖は特級に大苦戦を強いられますが、両面宿儺の気まぐれな思い付きで体を乗っ取られることに。特級を寄せ付けず、領域展開「伏魔御廚子」で瞬殺。自身の指を回収することになります。

しかし両面宿儺はその後も虎杖の意識を乗っ取り、伏黒と対面。虎杖の心臓を抉り取り人質を取る形(両面宿儺の封印=虎杖の死)で彼を圧倒します。追い詰められた伏黒は隠し玉を出すことを決意しますがそこには笑顔の虎杖の姿が、、、。

「長生きしろよ、、、。」

まさかの主人公の死で「呪胎戴天編」は終わることとなりました。

 

では

 

呪術廻戦 0-18巻セット (ジャンプコミックス) [ 芥見 下々 ]

 

呪術廻戦 デフォルメフィギュアvol.1 じゅじゅつかいせん キャラクター アニメ グッズ フィギュア 虎杖悠仁 伏黒恵 プライズ タイトー(全2種フルコンプセット)【即納】【数量限定】【セール品】