きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

バルセロナvsアトレティコマドリード~良くも悪くも大暴れ~【サッカー】

共にCL出場権を争う厳しい状況の2チーム。前線を刷新したバルセロナがどのような人選をするのか注目です。

 

ということで先日行われたバルセロナvsアトレティコマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20220207133555j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220207135135p:plain

 

前半

バルセロナは守備時4-4-2の4-3-3でフェラン・トーレスをセンター、そして新加入のトラオレを右ウイングで起用しました。対するアトレティコは守備4-1-4-1の4-3-3を採用していました。

試合はいきなり動きます。サイドに流れたスアレスの折り返しをカラスコが決めアトレティコが早々に先制点を挙げます。しかしバルセロナもその直後アウベスのクロスからアルバが上手く抑えたボレーが決まりすかさず同点に追いつくと、サイドを突破したトラオレのクロスにガビが合わせバルセロナがすぐさま逆転します。

アトレティコはとにかく前線からのプレスに連動性が無く、カラスコを左に回し5-3-2にするものの押し込まれる時間が多くなると、前半終了間際のフリーキックのこぼれ球からアラウホが詰めて追加点。バルセロナが2点リードで前半を終えます。

 

後半

後半アトレティコは新加入のヴァスを投入し守備から立て直そうとします。しかしガビのクロスからアウベスが流し込み3点差に。出鼻をくじかれる形になりますが、それでもシメオネ監督の執念の3枚替えで立て直しを図るとコーナーキックからスアレスが流し込み1点を返します。

kichitan.hatenablog.com

 

するとアトレティコは活力が戻ったのか前線からのプレスに連動性が戻りバルセロナのビルドアップを阻害すると、オーバメヤン、ニコを投入し立て直しを図ろうとした直後にアウベスが一発レッドで退場。

その後数的優位に立ったアトレティコはエレーラを投入しさらに強度高くバルセロナゴールに迫りますがスコアは動かずそのままタイムアップ。

バルセロナは新加入選手が全員出場し可能性を大いに見せて圧勝。対するアトレティコは前半の守備崩壊が痛かった1戦となりました。

 

総評

バルセロナは新加入選手が確かな活躍を見せ、未来に希望が見えた試合でした。

アウベスは組み立てではアラウホとトラオレをペドリと共に巧みにサポート。さらに1ゴール1アシスト&退場と良くも悪くも大暴れしてその質の高さを見せつけました。

kichitan.hatenablog.com

 

そしてトラオレは得意なサイドで幾度も対峙するエルモソを翻弄。シメオネ監督にシステムを変えさせるほどの無双ぶりを見せ、その実力を見せつけました。今後もこの役割を与えるのであれば活躍は約束されたようなものでしょう。

フェラン・トーレスは0トップとしてまずまず機能。シティのように整備はされていないので決定機こそは少なかったものの、ギャップを作る動きは質は高かったのでオプションとしては上出来であったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

最後はオーバメヤン。短い出場時間であったもののその推進力、オフザボール、そして守備の献身性は流石。今後コンディションを整えれば大暴れが期待出来ます。

まだまだ左サイドのポジショニングや切り替え時の守備のプレス、そしてまだまだ個頼みのビルドアップ等課題も多く、前線の選手が多い故のマネジメントの問題もありますが、浮上に向けて確かな歩みを見せたと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

一方アトレティコは前半は前線からのプレスが機能せず、悉くボールを前に送られ前半だけで大量失点。重心も下がり過ぎでまだ狂った歯車を戻せていない印象が強かったです。しかし後半は息を吹き返しスアレスもゴール。遅きに失した部分は強いですが「意地」は見せたと思います。進退が騒がしいシメオネ監督ですが、後半のような戦いを見せてくれると期待を抱かせ、何とか立て直して欲しい所です。

kichitan.hatenablog.com

 

未来への希望、そして確かな意地が見えた1戦。個人的にも非常に楽しめました。

 

では

 

ナイキ サッカーウェア レプリカシャツ ジュニア FC バルセロナ 2021-22 スタジアム ホーム CV8222-428 NIKE

 

アトレティコマドリード ユニフォーム ホーム 21/22 半袖 NIKE ナイキ 正規品