きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アーセナルvsマンチェスターシティ~勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし~【サッカー】

年明け最初の大一番。前回大幅にメンバーは違うも大敗し、今節も監督不在で迎えたアーセナルがどこまでシティの攻撃を抑えられるか注目です。

 

ということで先日行われたアーセナルvsマンチェスターシティの感想です。

f:id:kichitan:20220102135035j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20220102135924p:plain

 

前半

アーセナルは守備4-4-1-1の同サイド圧縮の守備からのサイド裏を狙うカウンターを採用。一方シティは守備4-4-1-1の4-3-3でややカンセロとロドリがダブルボランチの位置でボールを回していました。

試合は0トップのジェズスか中盤で数的優位を作りアーセナル守備陣を崩しにかかりますが、アーセナルは前線からしっかり統率された守備で対応し徐々にジェズスは孤立、その後シティはGKを使ったビルドアップを行い対応しますが、アーセナルの縦スライドの守備に苦戦。中々効果的な縦パスを入れられないでいると、ティアニーのパスに内側に入り込んだサカが見事に合わせアーセナルが先制。その後もマルティネッリの突破などシティを押し込みますが追加点とはいかないものの1点リードで前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半もアーセナルペースで試合は進んでいきますが、ベルナルド・シウバが局面を打開します。一瞬のスライドのズレを突いてジャカのファウルを誘いPKを奪取。マフレズが決め同点に追いつくとマガリャンイスが不用意なファウルで2枚目のイエローを貰い痛恨の退場。1枚目は抗議によるもので悔やまれる所です。

その後アーセナルはホールディング、スミス・ロウ、エルネニーを投入しバランスを整えるとシティはギュンドアンを投入し揺さぶりを掛けますがシティは過密日程の影響か更に運動量が落ち引分が濃厚になります。

しかし後半ロスタイム、ホールディングのクリアミスのボールを拾ったロドリが見事な決勝弾を挙げ土壇場で逆転。全体的に疲れが見え、最後まで苦しんだシティですが確かな強さを見せ逆転価値を果たしました。

 

総評

アーセナルは確かな強さと脆さを同時に見せた試合になりました。前半のアーセナルは完璧という出来で、連動した守備、そして裏を狙ったカウンターでシティゴールを強襲しました。しかし後半、僅かな隙を突かれPK献上、そして不要なカードを貰い退場、そしてロスタイムに被弾、シティのミスで訪れた決定機もマルティネッリのシュートは無情にもバーと「運」に見放された、審判の判定に助けられたとは言いにくい脆さも見せています。この差が上位3チームとの決定的な差になっていると思われるので、監督、チーム含めこの負けをしっかり振り返り精進していきたい所です。

ただトーマスはこの試合で圧倒的な存在感を発揮。上位に留まる為には欠かせない存在であることを改めて示しました。そして冨安はスターリングをほぼ完封。攻撃面でも素晴らしいパスがあり改めてその凄さを見せつけています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方シティは過密日程の影響かオフザボールに乏しく内容も乏しかったもののPKとロスタイム弾で勝利。一瞬のスキを突いたベルナルド・シウバのランニングやこぼれ球に詰めたロドリを見ると「勝ち癖」が付いているのが良く分かります。そして過密日程の中でも11連勝、止められるクラブは現れてくるのでしょうか。

kichitan.hatenablog.com

 

競技は違えども、故野村克也さんも言っていた「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」を大きく感じた1戦。今のシティ、、、本当に強いです。

 

では

 

アディダス(adidas) アーセナル 21/22 ホームユニフォーム IDE54-GM0217 (メンズ)

 

『1/3まで 全品10倍』マンチェスター シティー MCFC ホーム 半袖 レプリカ シャツ