きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アタランタvsビジャレアル~大きな自信となる2得点~【サッカー】

大雪で延期になった大一番。アタランタの攻撃陣に対してビジャレアルがどのように守っていくか注目です。

 

ということで先日行われたアタランタvsビジャレアルの感想です。

f:id:kichitan:20211210125413j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211210130739p:plain

 

前半

アタランタマンマーク気味の3-4-1-2、対するビジャレアルは守備4-4-2からのカウンターを狙ってきました。

試合はいきなり動きます。アタランタの連係ミスからパレホが素早くパス、飛び出したダンジュマが決めてビジャレアルが先制します。勝つしか突破が無いアタランタはプレスを強めていきますがパロミノ、メーレのポジショニングが噛み合わず左サイドのビルドアップが停滞すると、ペッシーナがライン間でボールを受けられずサパタが孤立していきます。

それでも個で決定機を作っていくもルジのファインセーブもあり得点は奪えず、逆にペナルティエリアに侵入したキャプーを捕まえきれず失点。痛すぎる2点目を与え前半を終えます。

 

後半

後半アタランタマリノフスキーを投入しますがビジャレアルのコンパクトなブロックによりライン間に人を送り込めません。さらにジェラール・モレノのキープから最後はダンジュマが合わせ絶望的な3点差に。

それでもムリエルを投入し攻勢に出たアタランタはメーレのマイナスのパスにマリノフスキーがダイレクトで合わせ1点を返すと、裏に飛び出したサパタのゴールで一気に1点差に追いつきます。

さらにビジャレアルが守備固めの交代をしたため更に攻勢に。しかしサパタのシュートはGK正面、そしてムリエルのシュートは無常にもポストに当たり得点を奪えずタイムアップ。ビジャレアルが何とか逃げ切り決勝トーナメント進出を果たしました。

 

総評

アタランタにとっては何とも勿体ない先制点献上でした。また早すぎる失点&ビジャレアルが引いて守った為、ボール保持することになりましたが左サイドは相手の守備やポジショニングの拙さで停滞。右サイドに頼る他ありませんでした。

それでも後半1点を返すとホームの後押しもあったのか一気に攻勢に。さらにビジャレアルが引きこもった為に一気に押し込むことに。結果的に負けはしたもののその驚異的な攻撃力は十分に示せたと思います。

一方ビジャレアルは早い時間帯の得点→堅守速攻とファーストプランが見事にハマった形になりました。特に右のフォイス、モイ・ゴメスは守備力と繋ぎ能力の高さを証明しアタランタのサイド攻撃を防ぎました。そしてダンジュマは2得点と爆発、飛び出しの質の荒さなどはまだありますが大きな自信になったと思います。またジェラール・モレノが復調してきておりリーグで問題になっている得点力不足も解消されそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

ただ心配なのはエメリ監督の交代策です。余りにも慎重(悪く言えば逃げ腰)な采配が多く、この試合も攻撃の脅威を早々と消してしまった為に危うく逆転されそうになっていました。ヨーロッパリーグではそれは通用していましたが攻守共によりハイレベルなチャンピオンリーグでは相手の勢いに飲まれる可能性がかなり高いです。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

重要なのは最低限のバランス、パリでの大逆転劇を再発させない為にもエメリ監督には再考してもらいたいものです。

 

ただ展開的には非常に面白かった1戦。演じてくれた2チームの今後の戦いも楽しみです。

 

では

 

【SALE】【国内未発売】アタランタ カジュアルポロシャツ ブラック【19-20/セリエA/Atalanta/サッカー/トレーニング/polo】330

 

ビジャレアル マスク イエロー クラブチームアクセサリーvil7984565src