きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

マンチェスターユナイテッドvsクリスタルパレス~最大目標であった初勝利を挙げる~【サッカー】

ラングニック監督初陣となる試合。対するはここ最近勝ちから見放されていますが、「一発の怖さ」があるクリスタルパレスです。

 

ということで先日行われたマンチェスターユナイテッドvsクリスタルパレスの感想です。

f:id:kichitan:20211206144953j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211206150035p:plain

 

前半

ユナイテッドは4-2-2-2での同サイド圧縮からの守備と、ラングニック色を早速出してきた形になり、対するクリスタルパレスは守備4-4-2からのカウンターを狙う4-3-3を採用していました。

試合はユナイテッドがボールを保持する展開になりますが、ビルドアップ時に選手間の距離が空きすぎてボールを引っ掛けることが多く、(特にダブルボランチが苦労していました。)上手くボールを運べません。逆にハイプレスからのカウンターは機能しておりロナウドを起点として次々とパレスゴールを脅かします。

対するパレスはユナイテッドのハイプレスに大苦戦。悉くボールをひっかけられカウンターを喰らうも寸前の守備でゴールを割らせません。ただ効果的な攻撃は行えずスコアレスのまま前半を終えます。

 

後半

後半パレスはやや重心を下げユナイテッドにボールを持たせてからのカウンターに専念していきます。ユナイテッドはグリーンウッド、そして抜擢されたエランガを投入していきますが状況を打開するには至りません。するとパレスはセットプレーからチャンスを作るなど流れを徐々に掴んでいきます。

しかしその流れを断ち切ったのが意外な一撃でした。グリーンウッドのマイナスのパスをフレッジが右足でのコントロールショット、見事に決まり待望の先制点を奪うと、おリーズ、エレを投入したパレスを見事にいなしゲームセット。ユナイテッドがラングニック新監督政権下初勝利を挙げました。

 

総評

ユナイテッドは4-2-2-2のハイプレスからの縦へ速い攻撃とラングニック色を全面的に表した試合となりました。特に守備はパレスのビルドアップを困難に陥れ、高い位置でボールを奪える等見違える程の出来を見せていました。ただ問題はビルドアップで、縦に急ぎ過ぎるが余り狙い過ぎのパスが多く、ミスが続出。特に両ボランチはその判断に終始戸惑っていた印象があります。ビルドアップの構築が今後の課題となりそうです。

kichitan.hatenablog.com

 

一方パレスはこれで3連敗と元気がありません。当初のイケイケサッカーからここに来てディテールの甘さが出てきており、そこを突かれる形となっています。ただその繋ぐサッカーへのアプローチは非常に好感を持てるのでヴィエラ監督には何とか頑張って欲しい所です。

 

とりあえず最大目標であった初勝利を果たしたラングニックユナイテッド。今後の試合でどのような修正を行っていくのか楽しみな所です。

 

では

 

マンチェスターユナイテッド オフィシャル マグカップ HT【サッカー サポーター グッズ】【店頭受取対応商品】

 

クリスタルパレス オフィシャル ジムサック(ブルー)【サッカー バッグ ジムバッグ ナップサック】【店頭受取対応商品】