きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

リヴァプールvsアトレティコマドリード~サイドの制圧と後半の意地~【サッカー】

この試合でグループリーグ突破を決めたいリヴァプールアンフィールドでの熱いアトレティコ戦です。

 

ということで先日行われたリヴァプールvsアトレティコマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20211104134236j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211104134925p:plain

 

前半

リヴァプールは4-3-3、アトレティコは守備5-2-3の3-4-3を採用していました。試合は激しいトランジションの応酬から、両チームチャンスを作っていきますが、アーノルドの深い位置からのダイレクトのクロスからジョタがゴールを決めて早々に先制点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

さらにその先制点に勢いづいたリヴァプールは無双モードに突入しているサラーを中心に右サイドを中心に攻勢に出ると、アーノルドのシュート性のクロスをマネがピンポイントで合わせ2点差とします。

同点に追いつきたいアトレティコですがアンフィールドの圧力もあってかメンタルが制御出来ずファウルトラブルに陥ると、フェリペがマネを後ろから蹴るという危ないタックルを仕掛け一発退場。アウェーで10人、しかも相手がリヴァプールと絶望的な状況で前半を終えます。

 

後半

後半一人少なくなったアトレティコは5-3-1でブロックを作りカウンターやセットプレーに懸ける「割り切り」を見せると、フリーキックからスアレスが決める(判定はオフサイド)等チャンスを作ります。その後もエレーラ、ロディ、クーニャ、ヴルサリコを投入し運動量を上げ粘り強い守備からのカウンターに勝機を見出します。

対するリヴァプールもチアゴを投入しボール保持を高めていきますが決めきれず、フィルミーノ、チェンバレンが怪我の疑いで交代と、やや不安を残す状況でスコアは動かず試合終了。リヴァプールがグループリーグ4連勝で突破を決めました。

 

総評

リヴァプールはスコア上や内容的には文句なしの結果でした。アーノルドの2つのアシストの精度、そして無双状態で相手DFをキリキリ舞にしたサラー、そして動き出しの質の高さを見せたジョタは勿論のこと、効果的な持ち上がりを見せたマティプ、そして右サイドのバランサー、そしてアンカーとして試合を締めていたヘンダーソンの活躍は特筆に値します。しかしフィルミーノは負傷交代、そしてチェンバレンは痛めてからの交代と怪我人が更に出て来そうで今後の戦いが不安な所です。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

一方アトレティコは前回の戦いと同様自軍左サイドを起点にされての失点と同じ現象を引き起こされました。恐らくカラスコの突破力に懸けたとは思いますが(その価値はあります)、サラーの凄みとヘンダーソンの守備に完全に良さを消され途中交代。さらにフェリペの退場でゲームプランを完全に崩されたと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

後半は戦い方を割り切り「らしさ」は見せたものの、反撃する力は持っておらず敗戦。グループリーグ3位に落ちました。これで残り2節は文字通り「死のグループ」に相応しい戦いが待っているでしょう。

kichitan.hatenablog.com

 

サイドを制圧し勝利を挙げたリヴァプール、意地を見せたアトレティコ。今後の戦いにも注目です。

 

では

 

リバプール 21-22 アウェイ 半袖 ユニフォーム【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(DB2558-111)【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

【メール便OK】NIKE(ナイキ) AT0026 2019/20 アトレティコ・マドリード スタジアム サード レプリカユニフォーム