きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ローマvsACミラン~エースストライカーとしての仕事を果たす~【サッカー】

リーグ戦好調のミラン、しかし今回立ちはだかるのはモウリーニョ監督率いるローマ。何が起こるかわかりません。

 

ということで先日行われたローマvsACミランの感想です。

f:id:kichitan:20211101113241j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211101115322p:plain

 

前半

ローマはボランチを押さえた守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用、対するACミランはクルニッチが精力的に守備をする守備4-4-2の4-2-3-1を採用していました。

試合はボランチが下りて3バックにしてローマのプレスを回避したミランがボールを保持し、ローマがカウンターを伺う形で試合が進みました。

ミランはクルニッチとイブラヒモビッチのボールを引き出す動きが多く、ローマ守備を縦に揺さぶっていくと、直接フリーキックイブラヒモビッチが豪快に叩き込み先制します。さらにオフサイドになるものの鋭い裏抜けからゴールになるなどダイナミックな攻撃が展開されます。対するローマはミランのプレスでビルドアップに苦しみ、ボール保持でもエイブラハムは起点になり切れずオフザボールも乏しいなどカウンターでしか決定機を作れず前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

後半

後半ローマはアフェナ・ギャンを投入し打開を図りますが、ミランイブラヒモビッチが微妙な判定ながらPKを獲得し、ケシエが決め差を2点差にします。

追いつかないといけないローマはエル・シャーラウィを投入し打開を図り、テオが2枚目のカードを受け退場したミランが1人少なくなり絶好の好機が訪れます。

しかしミランはそれでも落ち着いてバロ・トゥーレ、トナーリ、ロマニョーリ、バカヨコを投入し守備をしっかり固めると、3バックで攻勢に出たローマの反撃を終了直前のエル・シャーラウィのゴールのみに留め試合終了。ミランが強さを見せ無敗を維持しました。

 

総評

ローマの戦い方は守備をしっかり固めてからのカウンター、そしてテオ退場時は攻勢に出つつもバランスは整っており悪くは無かったと思います。しかし個々のオフザボールの動きに乏しく、攻撃は単独突破と瞬間的なコンビネーションのみとモウリーニョ監督は自身の課題(攻撃陣の構築不足)を露呈することとなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

特にエイブラハムは起点にもなり得ておらずだからと言ってオフザボールの動きも乏しい中途半端なプレーに終始。自身の課題がまだ解決されていないことが露呈されていました。センターフォワードに攻撃の多くを依存するモウリーニョ監督のサッカーでは彼のストライカーとしての成長が不可欠なので、奮闘に期待したいです。

kichitan.hatenablog.com

 

一方ミランは先制点や追加点に絡むなどイブラヒモビッチは千両役者の活躍を見せ、両センターハーフが抜群の連携を見せほぼ完璧な働きを見せる等、完成度の高さを見せつけました。また特筆するのはテオ退場後の戦い方で、何人かはスクランブル投入ながらしっかりと役割を完遂する等素晴らしい修正を見せました。(エル・シャーラウィのゴールは致し方ない部分は多いです。)冷静に状況を読んで選手を投入したピオリ監督の手腕も光り、この試合の勝利は必然的であったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

エースストライカーとしての仕事を果たしたイブラヒモビッチの活躍で勝利したミラン。ミッドウィークのポルト戦、来週末のインテル戦に弾みを付ける試合になったと思います。

 

では

 

ASローマ レトロ Tシャツ(レッド)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア】(CD0161-613)【店頭受取対応商品】

 

『11/1 ポイント20倍 最大22倍』ACミラン ACM ウォームアップ Tシャツ