きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2021~2022シーズン 「最適解」考察 マンチェスターユナイテッド~戦い方の「割り切り方」~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2021~2022シーズンの最適解の考察を書いていきたいと思います。

 

あくまで個人的にですが選手の起用法、配置などについて書いていきたいと思います。

 

初回は「マンチェスターユナイテッド」です。

f:id:kichitan:20211026132334j:plain

Getty Images

提案基本布陣

f:id:kichitan:20211026130534p:plain

 

①戦い方の「割り切り方」

まず最も重要であるのは「戦い方」です。ユナイテッドはビルドアップや前からのプレスが構築されていないのでボールを持つ戦い方は危険です。(下手に持ったレスター戦、アタランタ戦、リヴァプール戦前半がどのような結末を迎えたかでわかります。)

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

その為敵を自陣に引き込んでからのカウンターが最も有効な手となっています。それならばラッシュフォード、サンチョ等の快速アタッカーを使いこなすことが出来る為、守備意識を高めればスタメン起用も出来るかと思います。また各個人のプレス耐性も高いので質の高いカウンターを繰り出すこともでき、強豪相手でも十分通用するでしょう。

ボールを持つ際は後述するポグバ左サイド採用の布陣、そしてそれ以外の場合はボール保持を捨てる、そういった割り切り方が重要であると思います。

 

②適材適所の見極め

そしてボール保持時はポグバ左サイド起用を勧めます。

サイドの上下動で違いを作り出すショーを止めない為(ラッシュフォード、サンチョはサイドに張るので詰まります。)、中にポジションを移動するポグバが入ることでレーンが取りやすくなります。そして左に流れがちなロナウドの事を考えてブルーノをトップ下~右サイドにプレーエリアを意識させれば非常にバランスの取れた攻撃が出来るかと思います。しかもブルーノ、ポグバは連携がいい為相乗効果も期待でき、停滞した状況を打開できる大きな武器となります。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

ただ問題は豊富なタレントを持て余すことで(カバーニ、ラッシュフォード、サンチョ、ファン・デ・ベーク、リンガード、マルシャル等)、同時に使いたいスールシャール監督の気持ちはわかりますが、適材適所を見極めるのも指揮官の仕事。割り切りたい所です。(オフザボールに優れるカバーニ、リンガードの切り札としての投入は有用であると思います。)

 

①幾度となく危機に立たされながらも驚異的な生存力で巻き返す

ここ最近の不振は間違いなくスールシャール監督の責任は大きいと思います。

まずチーム全体の意識が統一されていないのを強く感じます。いい時と違うのはライン間が間延びしてスペースを大きく与えてしまう点で、前掛かりになる攻撃陣と裏を取られたくない守備陣の意思がバラバラであることがわかります。更に守備も個に依存する傾向にある為、マグワイアの不調がダイレクトに響いているのが現状です。(昨シーズン序盤もその傾向がありました。)

kichitan.hatenablog.com

 

また戦い方と適材適所が合っておらず、サンチョ、ラッシュフォード、ポグバは起用法を再考すべき選手であると思われます。

その為今は戦い方を割り切り、それに合わせた選手起用を徹底するのが最も適切な対応であると思われます。

 

ここ最近の不振とオールドトラフォードでの大敗(リヴァプール戦で0-5)があり、かつてない程の逆境に立たされているスールシャール監督。(ある程度予測は出来ましたが、、、) 

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

幾度となく危機に立たされながらも驚異的な生存力で巻き返した指揮官が、この苦境をどう乗り切るかを注目していきたいと思います。

 

では

 

アディダス メンズ マンチェスターユナイテッドFC トレーニングトップ サッカーウェア フットサルウェア トップス 長袖 送料無料 adidas BO242

 

アディダス メンズ マンチェスターユナイテッドFC トレーニングパンツ サッカーウェア フットサルウェア ボトムス 長ズボン 送料無料 adidas BO227