きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

ユベントスvsローマ~狙い通りのウノゼロ~【サッカー】

公式戦4連勝中と本来の強さを取り戻しつつあるユベントス。しかし相手はモウリーニョ監督率いるローマ、どのような戦いを繰り広げるか楽しみです。

 

ということで先日行われたユベントスvsローマの感想です。

f:id:kichitan:20211018124915j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211018133707p:plain

 

前半

ユベントスは守備4-4-1-1の4-4-2を採用、ローマは守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用していました。

試合は左肩上がりの3バックでビルドアップを行うユベントスと、クリスタンテを落として3バックで回すローマのボール保持の凌ぎあいとなります。開始暫くはユベントスの前線の守備が上手く機能せずローマがバイタルエリアまでボールを持ち運びますが、ユベントス守備陣を崩せずにいると、クアドラードのサイドチェンジからボールを持ったデ・シリオのクロスにキーンが最後に合わせてユベントスが先制します。

同点に追いつきたいローマですがボールを保持するも効果的なパスが出せずに攻めあぐねザニオーロも負傷交代と難しい流れになりますが、エイブラハムの持ち運びからPKを獲得し同点のチャンスを得ます。しかしヴェルトゥが放ったシュートをシュチェスニーが見事にストップ。同点を許さないまま前半を終えます。

 

後半

後半も目立った交代は無く試合は進んでいきますが、ローマは焦りからかサイドへの揺さぶりよりも個の突破が目立つようになり攻撃はより停滞してしまします。

ユベントスもモラタ、クルゼフスキを投入し役割が曖昧だった右サイドのハーフスペースを取る選手を投入しますが、その後アルトゥールを投入し逃げ切りを図ることになります。

ローマはショムドルフを投入し起点にして打開を図り、最後はサイドからのクロスで得点を狙うも最後までユベントス守備陣を崩せずゲームセット。ユベントスがリーグ戦4連勝を果たしました。

 

総評

やはりアッレグリ監督、徐々にゲーム内容が良くなっています。守備意識が高い2トップの採用で守備陣が安定し、適材適所に選手を置けるようになっています。右サイドのハーフスペースを突ける選手がいなかったのは残念でしたがいずれは解消してくれるでしょう。(個人的にはキエーザとベルナルデスキの役割交代がいいかと思います。)

その中で輝きを放ったのは守護神シュチェスニー。開幕当初はミスが目立ち戦犯に挙げられることも多かったですが、最近は安定したパフォーマンスを披露。そして勝利を手繰り寄せるPKストップと起用し続けているアッレグリ監督の期待を裏切らない活躍を見せています。

kichitan.hatenablog.com

 

一方ローマは攻守においてまだまだ課題が山積みです。堅守からのロングカウンターでは無くボールを保持する戦いを選んでいましたが、攻撃の奥行きが乏しく効果的にユベントス守備陣を崩すことは出来ませんでした。そして相手に狙い通りのウノゼロを許す等やはりチームのクオリティ不足は否めません。しかし守備陣は良化の兆しを見せており強度も高かったので、今後も期待出来るチームであることには変わりありません。

kichitan.hatenablog.com

 

共にセリエAを盛り上げてくれるであろう両チーム。今後の戦いにも注目です。

 

では

 

ユヴェントス フットボールクラブ Juventus FC オフィシャル商品 リバーシブル 掛け布団カバー・枕カバーセット 【海外通販】

 

ASローマ 20-21 Dri-FIT Strike ドリルトップ&KPパンツ 上下セット(レッド×ブラック)【NIKE/ナイキ】【サッカー トレーニングウェア ジャージ】(CD4930-657&CD4975-010)【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】