きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース 2021年ドラフト考察~投手重視の指名~【プロ野球】

今回は明日に控えた2021年ドラフト会議について書いていきたいと思います。正直ドラフト候補選手に関しては知識が薄いので、阪神にとって足りないポジションや役割を重点的に書いていきます。

f:id:kichitan:20211010122119p:plain

NPB

因みに昨年は伊藤将、佐藤輝、中野選手が一軍の「中心選手」として活躍。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

村上投手はファームの最多勝で1軍登板も経験、石井大投手も1軍で登板する等近年稀に見る「大当たり」の年となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

①エースを担える選手の指名

まずドラフト1位ですが個人的にはチームの弱点を埋めるというよりは「今一番良いと思われる選手」を指名して欲しいのが本当の所で、市和歌山高の小園投手、明桜高の風間投手、高知高の森木投手の「高校BIG3」に是非突っ込んで欲しいです。

競合になりがちで避ける球団も多いとは思いますが、昨年の交渉権獲得で見事に佐藤輝選手を引き当てた矢野監督の「運」に懸けましょう。

噂では森木投手が有力と言われていますが、将来のエースを担える選手の指名を期待しています。

 

②即戦力投手と2~3人の左腕

そして2位以降は投手中心のドラフトが行われると考えられます。特に即戦力投手と2~3人の左腕の確保は必須です。

現状投手陣は3人が引退(岩田、桑原、中田投手)、3人が戦力外(石井将、伊藤和、鈴木投手(育成))とごっそり抜けており、特に相対的に数が少ない左腕が2人(岩田、石井将投手が該当)が退団と厳しい状況にあります。

kichitan.hatenablog.com

 

現在支配下で1軍登板が無いのは川原投手のみで、戦力運用としての伸びしろ(起用の幅)を増やす為にも2~3人の左腕投手の確保は不可欠です。また単純に投手の層(1軍戦力として運用出来る)が薄いので即戦力として1~2枚揃えれば今シーズンのような中継ぎ崩壊には至り「にくい」と思います。そして光るものがある「素材型」の左腕を一人確保出来れば文句なしと言えます。

 

内野手一人と捕手一人

そして内野手一人と捕手一人の確保が必要であると思います。内野手は所謂「どんぐりの背比べ」になりがちで、上位で二遊間専門の選手が確保出来れば文句無しと言えます。ただ2位までは投手を取って欲しいので、3位で核となってくれるような選手を確保出来るかはかなり難しいとは思いますが、、、。

そして捕手の確保です。梅野選手のFA流出を見込んで、、、という意見もありますが個人的には関係なく指名した方が良いと思います。現状梅野、坂本、原口選手が主に起用されていますが、2軍では坂本選手と同年代である長坂、片山選手、大卒ルーキーの榮枝選手、そして高卒2年目の藤田選手と若い世代の選手が少ないです。

その為今後を考えると大卒ないし高卒捕手を一枚確保するのがベターであると思われます。梅野選手流出濃厚であればさらに1枚即戦力を確保しなければ厳しいです。

kichitan.hatenablog.com

 

いずれにしても野手は近年のドラフトで核となりえる選手(大山、近本、佐藤輝選手等)を確保出来ているので優先順位的には余り高く無いかと思います。

 

以上の事を踏まえると、理想であると言えるドラフトは

1位 高校BIG3の誰か

2位 即戦力左腕投手

3位 大型内野手

4位 即戦力投手

5位 高卒、大卒の捕手

6位 素材型左腕投手

であると予想します。かなり投手重視の指名となりますがそれほど逼迫しているとも言える状況であることは確かです。

 

運命のドラフトは明日17時開始予定。楽しみです、

 

では

 

野球太郎No.040 2021ドラフト直前大特集号 (バンブームック)

 

別冊 野球太郎 [2021春]ドラフト候補最新ランキング (バンブームック)