きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

アトレティコマドリードvsバルセロナ~古巣への一撃と熱い「煽り」~【サッカー】

共に調子が上向かない両チーム。この試合の勝利をきっかけに立て直したい所です。

 

ということで先日行われたアトレティコマドリードvsバルセロナの感想です。

f:id:kichitan:20211003132844j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20211003134228p:plain

 

前半

アトレティコは守備5-3-2の3-5-2、対するバルセロナは守備4-4-1-1の4-2-3-1を採用していました。

試合はお互いサイドバックにもハイプレスをかけややバルセロナがボールを保持する展開になりますが、アトレティコが見事なパスワークからのスアレスのスルーパスにルマールが飛び出し先制点を挙げます。

kichitan.hatenablog.com

 

追いつきたいバルセロナですが、ポジションがバラバラなため5バックの揺さぶりが上手く出来ず、無理な縦パスや単独突破→カウンターの悪循環に陥ります。そしてカウンターからスアレスが追加点を挙げ、アトレティコが2点リードに広げたまま前半を終えます。

 

後半

後半バルセロナはセルジ・ロベルトを投入し布陣を4-3-3にして打開を試みますがいかんせん効果的なサイドチェンジが出来ず狭いスペースの突破に頼るのみになります。

対するアトレティコはトリッピアーを投入しジョレンテインサイドハーフに配置転換し、彼の推進力を生かそうとし実際彼を起点にチャンスを作り出していきます。

そんな中でもコウチーニョデ・ヨング、メンフィスが打開を試みますがやはり一人ではどうすることも出来ず、ファティ、プッチ投入もあまり効果なく、最後はアラウホを前線に上げラングレを投入しながらクロスを上げずボールを回すというチグハグぶりを見せ試合終了。アトレティコが弾みを付けそうな「完勝」を果たしました。

 

総評

アトレティコにとっては相手の不調ぶりから考えても勢いが出そうな勝利になりました。特に後半での修正は素晴らしく、中央にポジションを移したジョレンテは危険なチャンスを度々作っていました。

特に素晴らしかったのはライン間からの仕掛けで存在感を示したルマールと必要なく頻繁に下がる「悪癖」が減り効果的なポジショニングを取ったフェリックスであると思いいます。またスアレスの古巣相手にゴールした時の「ごめんなさい」ポーズ(その後クーマン監督に電話するようなポーズもありました)、そしてシメオネ監督の熱い「煽り」などファンの方にとっては見所が多い試合でした。

kichitan.hatenablog.com

 

一方バルセロナは非常に深刻な状況に陥っています。アラウホ、ミンゲサの若きDFは裏を取られ続け失点の直接的な原因になり、更に攻めでも幅が取れず(ミンゲサはそういうプレーは苦手です)、攻撃は効果的な揺さぶりが行えず手詰まりに陥っていました。更にアラウホ、ルーク・デ・ヨングを投入しながらもロングボールを使わないという意図が読めない選手起用もあり成すすべなく敗戦しました。

正直バルセロナは怪我人も多く思ったような布陣を作れないのは現状です。だからといって監督が「敗北宣言」をするようなチームでないことは確かで、実際効果的な采配をしているとはとても言えません。若手を使っているとは言われていても彼らの良さを引き出しているとは言えず終盤での戦いを見てもチームはバラバラであると言えます。

kichitan.hatenablog.com

 

そんな中でのラポルタ会長の「クーマン監督の残留宣言」。違約金の問題があるとはいえ現状でのコメントとしては良い判断とは言えず、らしくないかなとは思います。

後に引きそうな長いトンネルに入っているバルセロナ。光はまだ見えないままです。

 

では

 

アトレティコ・マドリード キャップ 帽子 ナイキ Nike ネイビー Heritage 86 Hat メンズ ラ・リーガ

 

ナイキ NIKE メンズ サッカー/フットサル ライセンスジャケット ナイキ BARC TRV CREST Tシャツ FCバルセロナ AQ7464659