きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

板倉滉~守備的な役割を全てこなせるユーティリティー性~【特集】

今回はシャルケ移籍が決定した板倉滉選手について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210820122134j:plain

Getty Images

経歴

板倉選手は川崎フロンターレの下部組織に入団。そして2016年にトップチームデビューを果たします。しかし層が厚い川崎では出場機会に恵まれず、2018年にベガルタ仙台にレンタル移籍をすることになります。

そこで自身の才能を見事開花、主にセンターバックとしてプレーし天皇杯準優勝に貢献。再び川崎への挑戦をするかと思われましたが、なんとイングランドの名門マンチェスターシティに引き抜かれる事となります。

しかし労働許可証が取得されなかったことでオランダのフローニンゲンにレンタル移籍するも、加入後は1試合もプレーすることなく最初の半年を終えます。

次の2019-2020シーズンは主力のメミセビッチが長期離脱したことで開幕からレギュラーに定着します。途中契約の問題からか突如試合に出られない状況に陥りますが終盤には再びレギュラーに返り咲きチームからの信頼を得ます。

そして昨シーズンは首脳陣からの信頼をがっちり掴み、エールディビジ全試合にフル出場。クラブの最優秀選手に選出されるなど躍進し、再びマンチェスターに戻ってきました。しかしシティでの状況は変わらず、昨シーズンドイツ2部に降格したシャルケにレンタル移籍が決まりました。

 

①守備的な役割を全てこなせるユーティリティー

板倉選手の特長は「守備的な役割を全てこなせるユーティリティー性」です。

センターバックを中心としながら守備的なボランチをこなすユーティリティー性を持ち合わせており、川崎時代にはサイドバックもこなしていました。その戦術眼を見ると恐らく守備的な役割は全てこなせると思われます。

足元も長けており当初はボランチでのプレーを望んでおり、日本ではパス出しが特徴的な選手でしたが、オランダに渡った後は対人能力が磨かれ、1対1でもそうそう負けないフィジカルとカバーリング能力を持ち合わせています。その成果は東京五輪でも見られ、富安が欠場したグループリーグ2戦と準決勝スペイン戦に出場、さらにニュージーランド戦では途中出場でPKを決める等印象的な活躍を見せました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

②パスコースの選択肢とボールの置き所

反面ビルドアップ時のパスコースの選択肢とボールの置き所に課題があります。厳しい所にパスを選択する傾向にあり、ビルドアップ能力は現状そこまで高くはありません。またボールの置き所に課題があり、プレスをかけられるとあっさり奪われることも少なくはありません。

その為、ボランチは対人能力を生かしての「潰し屋」としての役割を与えてあげた方が良さを生かしてあげられると思います。

 

③悩める古豪で何を掴めるか

新天地シャルケは過去内田選手も在籍しチャンピオンズリーグでも常連だった「名門」でした。実際2017-2018シーズンはリーグ2位に位置付けチャンピオンズリーグにも参加しています。しかし翌シーズン後半からはまるで勝てなくなり、ドタバタの監督交代劇もあり昨シーズンは勝利をあげることすらままなくなり降格の憂き目にあいました。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

さらに主力選手が現時点でも大量に抜けて今後も移籍する可能性も高い為チーム状況が読みにくく新加入の板倉選手がどういう起用がされるのかは未知数です。

 

この「悩める古豪」で何を掴めるか。今後の板倉選手のプレーに注目です。

 

では

 

ジェイエフエー(JFA) ツインスティックメガホン 板倉滉 O3-553 (メンズ、レディース)

 

(アンブロ) Umbro シャルケ FC Schalke オフィシャル商品 ジムバッグ ドローコード付きバッグ ナップサック サッカー 【楽天海外直送】