きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

クローゼ・リンツ~リベールの王女として~【軌跡シリーズ】

※ネタばれ有

 

今回は軌跡シリーズの主要キャラである「クローゼ・リンツ」について書いていきたいと思います。 

f:id:kichitan:20210728124833p:plain

Falcom

①ジェニス王立学園の女学生

リベール王国のジェニス王立学園の社会科に在籍する女学生で、生徒会&フェンシング部に所属している文武両道の優等生です。

別世界では某格闘チャンピオンの娘として登場しています。

清楚で可憐な見た目に違わず控えめで優しい性格ですが、不正に対しては断固たる態度で挑むなどアグレッシブな部分も持ち合わせています。ただ自己評価は低くなる傾向にありネガティブもなることもしばしばあります。

ハヤブサジークとは「友達」(ペットではありません。)で、お互い言葉が通じることもあり、しばしば偵察、伝令役、武器として手助けして貰っています。

百日戦役の混乱によって幼少時に保護者と離れ離れになり一時期ルーアンで孤児院を営む夫妻にしばらく世話になったこともあって、入学後でも休日に仕事を手伝ったり子供たちと遊んだりしています。

因みに学園在籍時には「スケアクロウ」レクター・アランドール、名家のお嬢様ルーシー・セイランド等の後に大物と言われる人物が在籍しています。

 

②リベールの王女として

作中では孤児院でエステル、ヨシュアと出会い、孤児院の放火事件や学園祭をきっかけに彼らと本格的に関わっていくこととなります。その後リベールの王女であることが判明し変わっていく国と自分の立場・責任に思い悩むことになります。

しかしエステルとの会話の末踏ん切りがついたのか「SC」で次期女王である王太女に即位し、女王の代理として公務をこなしていくことになります。

kichitan.hatenablog.com

 

ちなみにヨシュアに密かに想いを寄せており、同作では彼に告白→玉砕することになります。

kichitan.hatenablog.com

 

その後は第一線からは引いていきますが「碧の軌跡」ではクロスベルで行われた通商会議に祖母・アリシアの名代として出席、レクターとの再会を果たします。

そして間隔は空くものの「閃の軌跡Ⅳ」ではカシウスと共にリベール王国代表としてパンタグリュエルでの会合に出席し、帝国の戦争終結に尽力しました。

また「創の軌跡」でもカシウスと共に逆しまのバベルへの攻略作戦に参加しました。

 

③ぶっ壊れ性能クラフトの使い手

戦闘ではフェンシングを得意としていることだけありレイピアを使用しますが、防御面の脆さもあり物理アタッカーとしての運用は難しいです。またアーツも強力なものを使える並びをしていますが、属性制限もありやや回復よりでサポートに徹した運用が望ましいです。

しかし彼女が真価を発揮するのは「クラフト」使用時でしょう。特に範囲内の敵にダメージ+STRとDEFを50%減少させる「ケンプファー」はボス戦にも通用し、強敵相手には必須になるほどのぶっ壊れ性能を要しています。またSクラフトの「リヒトクライス」も戦闘不能+大幅回復と一気に戦局の立て直しを可能とする為「FC」においては不可欠な存在になっています。特に対ロランス大尉戦では彼女をどう使うかによって難易度が大きく変わります。

kichitan.hatenablog.com

 

「SC」「3rd」では「ケンプファー」の威力がやや落ち着いたことで猛威を振るうことは無いですがサポート力は健在。ヒーラーとして戦闘で大活躍します。

 

最新作「黎の軌跡」では恐らく登場は難しいと思われますが、再登場時にはより女王として成熟した姿を後々見せてくれると思います。 

 

では

 

【中古】英雄伝説 空の軌跡FC Evolutionソフト:PSVitaソフト/ロールプレイング・ゲーム

 

【中古】英雄伝説 空の軌跡SC Evolutionソフト:PSVitaソフト/ロールプレイング・ゲーム