きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

東京五輪野球準決勝vs韓国戦~正に彼の日~【プロ野球】

今回は東京五輪野球決勝トーナメントvs韓国戦について書いていきます。

 

日本 5-2 韓国

f:id:kichitan:20210805125656j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

①逆転を許さない

日本先発はエースの山本投手。初回四球とツーベースで1アウト2,3塁のピンチを迎えますがそこは連続三振で見事に切り抜けます。

一方打線はサイドスローの韓国先発コ・ヨンピョ投手に序盤は手こずりますが、3回村上、甲斐選手の連続安打+山田選手の見事な送りバントで1アウト2,3塁のチャンスを迎えると坂本選手の犠牲フライで日本が先制点を挙げます。

さらに5回には山田選手のツーベースからの吉田選手のタイムリーで差を2点に広げます。

しかし6回ヒットを打たれ、更に捕球の際のエラーもありノーアウト2塁のピンチを迎えると連打を受けて1点を返されます。ただ継投したの岩崎投手が同点タイムリーを打たれるも、後続を連続三振で抑え逆転を許しません。

kichitan.hatenablog.com

 

②銀メダル以上を確定させる決勝進出

その後は両チーム継投勝負になります。日本は伊藤大投手が素晴らしい投球で2回を抑えて、韓国も7回を3人で抑えますが8回、近藤選手の併殺崩れでランナーが出るとパスボール、申告敬遠、そして四球で2アウト満塁のチャンスを得ると、山田選手が走者一掃の3点タイムリーツーベースで日本が貴重な3点を加えます。

そして9回は守護神栗林投手。四球やパスボールもありながらもしっかりと抑え試合終了。日本が銀メダル以上を確定させる決勝進出を果たしました。

 

③正に彼の日

「ミスをすれば流れが変わる。」6回はこの言葉通りであやわ逆転まで追い込まれるなど、ここまでノーエラーで来た日本代表にとってこれ程ヒヤリとした場面は無かったでしょう。しかしそれを同点に抑えた岩崎投手、そしてミスをした近藤選手も追加点に繋がる走塁を見せる等、お互いにカバーし合うプレーを見せてくれました。

そして山田選手、バントでチャンスメイク、守備でも好プレー、そして2安打3打点の大活躍。正に彼の日となった試合でした。

懸念点は不振の鈴木選手とそしてベンチワークです。鈴木選手は明らかにタイミングがあっておらず今大会は厳しい出来になっています。しかしそこは日本の4番、決勝戦での活躍に期待したいです。

一方ベンチワークはかなり不安な所です。固く出るのは良いのですが悉く裏目に出るバントサイン、そして中継ぎ運用(青柳投手の失敗)や投手交代(初戦の山本投手の交代)など効果的に機能しているとは言い難いです。甲斐選手のスクイズや栗原選手のピンチバンター起用等光るものはあるものの、失敗の方が目立っており個の力でねじ伏せた場面もありました。決勝での采配は良いように転ぶことを願っています。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

決勝はアメリカor韓国。共に勝利を挙げているという精神的アドバンテージはあるものの、しっかり勝ち切り念願の金メダルを掲げられることを祈っています。

 

では

 

侍ジャパン グッズ アシックス レプリカユニフォーム ホーム サムライホワイト 背番号なし BAK713 asics 一般用 メンズ 野球ウェア

 

【8/5はエントリーで会員ランク別P10倍】アシックス(ASICS) 侍JAPAN マフラータオル 野球 2021 応援グッズ BAQ750.SJ50 (メンズ、レディース)