きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

2020~2021シーズン総括 アタランタ~3年連続で3位の快挙~【サッカー】

今回は主要欧州リーグの2020~2021シーズン総括を書いていきたいと思います。

 

7回目は「アタランタ」です。

f:id:kichitan:20210603102235j:plain

Getty Images

リーグ 勝ち点78 23勝 9分 6敗 90得点 47失点 3位 

カップ戦 準優勝

チャンピオンズリーグ ベスト16

 

主な布陣

f:id:kichitan:20210601140847p:plain

 

①指揮官と司令塔の軋轢

昨シーズン欧州を席巻した攻撃サッカーは新シーズンも健在で、得点を重ね続けました。過密日程の影響でやや守備に重きを置いた戦い方も行ってはいましたが、セリエAではユベントスインテルと引き分けローマ、ACミランに大勝、最終節までもつれたチャンピオンズリーグではアヤックスに競り勝ちグループリーグ突破と申し分ない結果を挙げる事が出来ました。

kichitan.hatenablog.com

 

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

しかし2020年末にガスペリー二監督とゴメスが激しい口論を起こして対立。指揮官と司令塔の軋轢は戦術の中心選手を外さざるを得なくなりました。しかし監督は彼の位置にペッシーナを起用しチームを立て直すと、ゴメスは最終的にセビージャに移籍し、監督>選手の立ち位置を明確にしました。この判断は結果的にチームワークを主軸をするアタランタにとってベストな選択となりました。

kichitan.hatenablog.com

 

②3年連続で3位の快挙

そんな激動のシーズンの中コンスタントにゴールを重ねたのはムリエルでした。途中交代&途中出場が多く出場時間に制限がある中(先発16、途中20)、チームトップの22ゴールを挙げ大ブレイクと評された昨シーズン以上の結果を挙げました。

動き出しは良いものの決定力に難ありと評されたセビージャ時代の面影は今や無く、セリエA屈指のストライカーとなっています。

そして同じくブレイクしたマリノフスキーも今シーズンはゴメスに代わるチャンスメーカーとして機能しました。

守備陣ではジェノアからレンタルで加入したロメロが対人の強さと球際の激しさで見事にアタランタマンマーク主体の戦術に適応。今やセリエA屈指のファイターと評されています。

そんな中チームはコッパイタリアで躍進、2シーズンぶりの決勝に進みますがユベントスに敗戦。1962-1963シーズン以来のタイトル獲得とはなりませんでしたが、セリエAでは3年連続で3位に入賞という快挙を成し遂げました。

kichitan.hatenablog.com

 

③日本の若き守備者を獲得か

そして迎える新シーズンチームは日本の若き守備者の獲得を狙っています。富安建洋、ボローニャで成長し続けるDFの獲得はアタランタにとって有用なオプションとなり得ます。3バックにも十分対応出来、ビルドアップ能力も高いDFですが気になるのはその移籍金で、40億円とも言える高額な移籍金を払えるかが勝負になってくるでしょう。

また今シーズンウイングバックとしては破格の11得点を挙げたゴゼンスに移籍の話があり、主力選手の引き留めも大きな焦点になってくるでしょう。

 

今やセリエAで確かな根を張ったとも言えるアタランタ。新シーズンも魅力的な攻撃サッカーで沸かせてくれることを期待しています。

 

では

【SALE】【国内未発売】アタランタ カジュアルポロシャツ ブラック【19-20/セリエA/Atalanta/サッカー/トレーニング/polo】330

 

【予約RET05】【国内未発売】RE-TAKE アタランタ Establishシリーズ スウェットパーカー【サッカー/セリエA/Atalanta/フーディ】