きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

バルセロナvsアトレティコマドリード~痛すぎる引き分け~【サッカー】

優勝争いに大きく関わる注目の一戦、両チームとも勝利が欲しい所です。

 

ということで先日行われたバルセロナvsアトレティコマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20210509124505j:plain

Getty Images

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210509124639p:plain

 

①残念な負傷退場

クーマン監督がベンチ外のバルセロナは予想されたアラウホではなくミンゲサを起用した3-5-2、アトレティコは5-4-1のブロック守備からセンターバックの脇を狙うカウンターを採用していました。

試合はバルセロナがボールを保持する展開になりますが、アトレティコの固い守備を崩すことが出来ません。攻撃に奥行きを作れず、サイドを揺さぶるにもスライドが間に合っており、センターバックを攻め上げるにもアトレティコのウイングの守備に引っ掛かる所が見られました。ただ大半の攻撃をメッシの打開に頼っていたので明確に5-4-1のブロックをチームで崩そうとした場面は少なく、攻撃が単発的なのも頷けます。さらにブスケッツが負傷退場し、厳しい状況に追い込まれます。

kichitan.hatenablog.com

 

対するアトレティコも右サイドのボール回しが機能せず、攻撃の大半を左サイドに頼ることに。ルマールの負傷退場は非常に残念ですが、攻守においてデストとミンゲサをキリキリ舞いにさせたカラスコの突破は素晴らしいものがあり、決定機も作りましたが決めきれずスコアレスで前半を終えます。

 

②痛すぎる引き分け

後半バルセロナはミンゲサをアラウホに交代し守備を整備すると、徐々に主導権を握っていきます。

アトレティコもフェリックスを投入し打開を試み、ボールを保持していきます。しかしボールを持った時のプレーが上手く行かず逆にカウンターを喰らうことに。バルセロナはセルジ・ロベルト、デンべレを投入し点を狙っていきますが、終了直前に得たFKも惜しくも枠を外れ、点を奪うことなくタイムアップ。

両チームにとって痛すぎる引き分けとなってしまいました。

 

③混戦が続くラ・リーガ

バルセロナは5バックの崩し方をチームで行えなかったのが痛かったです。特に攻撃の奥行を作れずにライン間を閉められた状態ではメッシの打開力に欠ける他なく、攻撃は単発的に。「強者に勝てない」今シーズンのバルセロナを象徴する試合となってしまいました。

対するアトレティコは前半に勝負を決められなかったのが全てです。左サイドを中心に幾度か危ない場面を作るもテア・シュテーゲンの牙城は崩せず非常に悔しい結果になったと思います。

kichitan.hatenablog.com

 

両チームの引き分けにより、マドリー(現3位)vsセビージャ(現4位)戦がより面白くなってきました。混戦が続くラ・リーガ、今後も楽しみです。

 

では

 

FCバルセロナ 20-21 ホーム 半袖 ユニフォーム ジュニア No.10 メッシ【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(CD4500-456/10M)【スポーツ ホビー】【店頭受取対応商品】

 

アトレティコ・マドリード フェイスマスク サッカー フェイスカバー SOCCER Atletico de Madrid ブラック