きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

チェルシーvsアトレティコマドリード~心憎い程の強さ~【サッカー】

かなり観客席で熱心に応援していて好感が持てるチアゴ・シウバ選手ですが、服装が完全にアトレティコ色で突っ込まざるを得ません。

 

ということで先日行われたチェルシーvsアトレティコマドリードの感想です。

f:id:kichitan:20210318140247j:plain

Getty Images

1stレグはコチラ↓↓ 

kichitan.hatenablog.com

 

両チームのスタメン&結果

f:id:kichitan:20210318140508p:plain

 

①アグレッシブな守備

チェルシーは最近のリーグ戦でも使われているハヴァーツ0トップ起用の3-4-3を採用し、アトレティコはアグレッシブな守備をする4-4-1-1を採用していました。

試合は連動して一気に前にプレスをかけるアトレティコチェルシーを押し込もうとしますが、チェルシーもロングボールやレイオフで上手く躱し、先制点が欲しいアトレティコはフィニッシュに上手く持ち込めません。頼りのスアレスもズマが封殺し上手く守られると、クロスを弾かれた際のカウンターからツィエクが押し込みチェルシーが先制します。2点が欲しいアトレティコですがややガス欠気味で、起点となる両ボランチを押さえ切れずボールを回され続け前半を終えます。

kichitan.hatenablog.com

 

②肝心のフィニッシュワークが足らず

後半アトレティコデンベレを投入し2トップで攻めようとしますが、明らかにフェリックスをトップ下のように振舞わせる布陣が機能しておらず、パスミスを連発してしまいます。その後スアレスに代えてコレアを投入、トリッピアーに代えてルマールを投入し3-1-5-1のような布陣にして連携は落ち着くも肝心のフィニッシュワークが足らず決定機を作れません。更にサビッチが相手への肘打ちで一発退場し、より苦しくなってしまいます。

しかしチェルシーは気を抜くことなく低い位置のボール回し、前線の容赦ないプレスで試合を締めに入らせると、終了間際に途中投入されたエメルソンがトドメのゴールを挙げチェルシーが合計スコア3-0でベスト8に進むことになりました。

 

③心憎い程の強さ

今回の試合で「チェルシー強し」を改めて感じました。豪華なタレントの多彩な能力をトゥヘル監督が余すことなく使いこなし、心憎い程の強さを見せつけました。短期間でここまでのチームを作り上げたトゥヘル監督の手腕にはただ脱帽するしかありません。

kichitan.hatenablog.com

 

また出場機会に全くという程恵まれなかったエメルソンのゴールも、チームに勢いをもたらせると思います。

一方アトレティコスアレスをもう少し残して欲しかったのもありますが、シメオネ監督は出来ることを全て行っていたと思います。特に退場者が出るまでの攻めには今シーズン大きく進化したアトレティコのサッカーを垣間見ることが出来ました。

kichitan.hatenablog.com

 

ハイレベルで強度の高いサッカーを見せた両チーム、今後の戦いにも注目していきたいです。

 

では

 

チェルシー 20-21 ホーム 半袖 ユニフォーム【NIKE/ナイキ】【サッカー ウエア レプリカユニフォーム】(CD4230-496)【店頭受取対応商品】

 

アトレティコ・マドリード マスク フェイスカバー 大人用 ネイビー ラ・リーガ