きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

フランク・ランパード監督解任~巨大戦力を持て余す采配~【サッカー】

今回はチェルシーを解任されてしまったフランク・ランパード監督について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20210126131717j:plain

Getty Images

①選手の成長を促す

フランク・ランパード監督は、現役時代スウォンジーウエストハムチェルシーマンチェスターシティ、ニューヨークシティでプレーした選手で、チェルシーでは通算637試合210得点を挙げたクラブ史に残るレジェンドです。

現役引退後はチャンピオンズシップのダービーカウンティの監督に就任し、リーグカップではマンチェスターユナイテッドを破り、リーグ戦を6位で終えプレーオフに進出、ビエルサ監督率いるリーズを破るものの決勝のアストンビラに敗戦。プレミア昇格を逃すもののサッリ監督を解任し、補強禁止処分を受けたことで逆風にさらされたチェルシーの監督に就任。

当初は監督としての経験不足や、能力を度外視したネームバリューの高さによる監督就任だと疑問符が持たれていましたが、補強禁止処分の中レンタルバックでダービーから連れてきたトモリ、マウント、アストンビラから帰ってきたエイブラハムの成長を促す起用をして上位に踏む留まります。そしてそれに呼応するようにバークリー、リュディガー(後に干されますが、、、)、プリシッチのプレーの幅が広がるなど周りの選手達にも好影響を及ぼし、プレミアリーグでは4位に滑り込むなどまずまずの結果を挙げました。

kichitan.hatenablog.com

 

②巨大戦力を持て余す采配

そして今シーズン、フロントはヴェルナー、ハヴァーツ、チアゴ・シルバ、チルウェル、ツィエク、エドゥアール・メンディ達を総額300億円以上で獲得し、優勝の期待を大きく膨らませます。

kichitan.hatenablog.com

kichitan.hatenablog.com

 

しかしランパード監督はその「巨大戦力」を上手く使えることは出来ませんでした。攻撃の型を上手く作れず修正の稚拙さも改善出来ない状況は続き、「個」の質に頼る他ありませんでした。

また新加入のヴェルナー、ハヴァーツの特長を把握しきれず、起用法が安定しない状態が続き、新加入選手の影響でサブに落ちた選手との溝も深まる一方で求心力が一気に落ちたとも言われています。最終的にベテラン選手を投入する「切り札」を使用するも上層部を満足させることはなく解任の運びとなりました。

kichitan.hatenablog.com

 

③再び指導者として

大きな資金を投じたクラブにとっては当然の決断とも言え、ランパード監督解任は別に驚きではないです。またランパード監督自身もチェルシーのようなビッグクラブを率いるにはまだまだ力不足感はあったと思います。

しかしチェルシーをここまでのクラブにのし上げたレジェンドの一人であることには間違いなく、是非とももう一度チャンスが貰えるような実績と能力を付けて戻ってきてもらいたいと思います。

個人的には非常に好きな方なので(2011-2012のチャンピオンズリーグ決勝は忘れることが出来ない試合です。)、再び指導者として戻ってきてもらいたいです。

 

では

 

チェルシー 20-21 GFA フリース プルオーバー フーディー&パンツ 上下セット CL(ブルー×ネイビー)【NIKE/ナイキ】【サッカー スウェット パーカー】(CK9362-471&CK9374-498)【店頭受取対応商品】

 

チェルシー 20-21 オーセンティック ウインドランナー ウーブン ジャケット(ブルー×スカイ)【NIKE/ナイキ】【サッカー ウインドブレーカー】(CI9238-495)【店頭受取対応商品】