きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

阪神タイガース 広島戦~初の連勝~【プロ野球】

1戦目の雨天中止が見事「恵みの雨」となってくれました。

 

今回は阪神タイガースvs広島戦の感想を書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200707105335j:plain

出典:スポニチ sponichi annex

結果はコチラ

阪神  広島 中止

阪神 9-3 広島 岩貞 1勝1敗

阪神 8-3 広島 西  1勝1敗

阪神  広島 中止

 

4勝 10敗 41得点 73失点 6位 

 

①見事攻略

2戦目は広島先発、大瀬良投手を見事攻略。初回にマルテ選手の2ランホームラン、近本選手の犠牲フライとタイムリーで5点を先取。

先発岩貞投手は6回3失点とランナーを貯めながらも粘りの投球で試合を作ると、糸井選手のタイムリー、ボーア選手の犠牲フライで貴重な追加点。とどめは大山選手の今シーズン初のホームラン。連敗を4で止めました。

中軸の活躍ときっちり追加点を挙げることが出来最高の形で試合を終えましたがマルテ選手が負傷交代。不安を残す形となってしまいました。

 

②今季初の連勝

3戦目はスライド登板で初勝利を目指すエース西投手。2回に先制点を奪われるものの続く3回大山選手の死球押し出しで同点に追いつくと、待ってましたボーア選手のグランドスラムで逆転。2安打ながら5点を奪取するなど非常に効率のいい得点を挙げます。ホームランは偉大です。

更に大山選手の2ランやサンズ選手のソロホームランで3点を追加、先発西投手は4回鈴木選手にホームラン、松山選手にタイムリーを浴びる等3失点ながら8回を投げ初勝利。今季初の連勝を挙げました。

 

総評

予想外、広島戦で阪神打線が爆発しました。特にクリーンナップの大山、ボーアに当たりが出たのはとても大きいと思います。

また西投手が8回を投げてくれたのは非常に大きく、不調の中継ぎ投手にとってはいいリフレッシュになったかと思います。しかし好調だったマルテ選手の怪我は心配です。幸い軽傷という情報がある為長期にはならなそうですが、、、気になる所です。

開幕からベンチを温め悔しい思いをしてきた大山選手の活躍は嬉しい限りです。しかし定着をするためにはより結果を出すしかありません。出場機会は与えられるものではありませんので今後も「本当の」レギュラー争いが繰り広げられそうです。

連勝で勢いに乗りたい所ですが、次の相手は開幕カードで3タテを喰らい力の差を見せつけられたジャイアンツです。再び気を引き締めていきましょう。

 

では