きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊 ~シャーロック・ホームズの世界観~【名探偵コナン】

※ネタばれあり


今回は2002年に公開された「名探偵コナンイカー街の亡霊」について書いていきたいと思います。

f:id:kichitan:20200331122236j:plain

出典:シネマトゥデイ

シャーロック・ホームズの世界観

今作は「コナン」の原点であるシャーロック・ホームズの世界観が舞台となっています。オールド・ロンドンの薄暗い雰囲気の中、ジェームス・モリアーティや切り裂きジャック、そしてシャーロック・ホームズ。数々の有名人が絡み合い素晴らしいミステリーを形成していきます。

個人的にはモリアーティ教授にコナンが忠告するシーンが感慨深かったです。

 

②消える仲間たち

今作はVR世界での出来事ですが少年探偵団が危機的状況に陥ります。

その中で表現される「傲慢なエリート」そのままの子供達の変化と成長、少年探偵団の絆、そして灰原さんのツンデレ(笑)を見ることが出来ます。

特に灰原さんの消えるシーンはこの映画屈指のシーンで普段見れない灰原さんを拝むことが出来ます。

「お助けキャラがいないなら、私たちにとってのホームズはあなた…」

 

③親子の競演

今作は工藤優作、有希子夫妻が初登場しました。二人とも重要な役割を担い非常に目立ちます。いちいちセリフがオサレなのも工藤家の特徴です。

その中でテーマである「血筋」をいい意味で強調するのがこの親子の競演で、見事困難を乗り切ります。そして二人の会話が

「お前にしては時間がかかったな」
「ああ、結構楽しめたよ」

やはりオサレです。

 

シャーロック・ホームズの世界観を見事に表現している今作。是非見て下さい。

 

では