きちのうすめ雑記

きちが好きなことについてうすく書いていきます。

FF6~語りつくされる名作~【FF】

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

※ネタばれ有

FF7リメイクの発売が近づいているので今までプレイしてきたFFシリーズの感想を書いていきたいと思います。まずは初めてプレイしたFF6からします。6はSFCとアドバンスをプレイ済み。どちらもクリア済み、アドバンスはオメガウェポン討伐済みです。

f:id:kichitan:20200111160349j:plain

出典 blog-imgs-34.fc2.com

①なぜ名作であるのか?

6はFF内でも特に評価が高い作品です。個人的に大きな魅力だと思うのは「シンプルな表現で最大限の感動を届けられる」点だと思います。FF6だけではなく当時のグラフィックはドット絵でセリフもそんなに多くはありません。でもその中でBGMや少ない動きでその状況を「想像」させる演出が凄く考えられているなと感じました。ティナが魔法を使った時のエドガーとロックのリアクション、魔列車やダリルの墓の演出は今でも強く記憶に残っています。同時にシャドウを魔大陸に置いてけぼりにした苦い記憶もありますが。

 

②固有コマンド

キャラごとに設定されていますが個々の特徴を上手く表現しているシステムだと思います。特に印象に残っているのは「ひっさつわざ」と「まふうけん」です。必殺技は単純に格ゲーが苦手なので入力ミスが多く、魔封剣は使い方の意味が分からなかったです。ただ後々アドバンス版をプレイした時のクリア後ダンジョンでは必須でした。また「あおまほう」はアドバンス版で重用しました。フォースフィールド大活躍でしたね。

 

③魔石システム

今回の召喚獣は魔石を装備することで使用できますが戦闘に一回のみでなおかつ威力が低めと使いづらかったです。ただよく使ったのはセーフティビット量産の際に使った「ラグナロック」終盤の強烈な物理攻撃対策の「ゴーレム」ぐらいです。また装備してレベルアップするとパラメータが上がる魔石もあります。アドバンス版をプレイするまでは知りませんでしたが。習得値を稼ぐ為のサボテンダー、クロウラ狩りは有名です。

 

総評

初めてプレイしたFFなので思い入れが強い作品です。個人的には7に次いで好きな作品ですのでリメイクが出来るのであれば是非してほしいです。しかし相当ハードルは上がりそうですが、、、。

 

では